産後ダイエット

2016/08/31

ぽっこりお腹を解消!出産後にできる簡単エクササイズ

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

ぽっこりお腹を解消!出産後にできる簡単エクササイズ

出産後に起こるお腹のたるみを解消させるためには、出産後からしっかりとケアしなければなりません。育児をしながらでも簡単に行えるので、体型を早く元に戻すためにも積極的に行ってください。今回は、出産後のぽっこりお腹を解消するエクササイズを紹介していきます。

ぽっこりお腹の原因

妊娠中は、「リラキシン」と呼ばれるホルモンが多量に分泌され、骨盤の関節や靭帯を緩ませることで出産をスムーズにします。しかし同時に骨盤が歪みやすくなり、腰痛まで起こしやすくなります。 実は、このリラキシンはぽっこりお腹の原因になります。リラキシンの影響を受けて腹直筋が横2本に割れます。そうすると出産後にお腹が元の状態に戻ることが難しくなり、ぽっこりお腹がなかなか解消しないという事態に陥ります。

産褥体操から始めよう

出産後に身体が元の状態に戻ろうとする6~8週間のことを、産褥期と呼びます。無理な運動をしてはいけませんが、産褥体操というお腹が元の状態に戻るのをサポートするエクササイズであれば、行えます。産褥体操の方法は次の通りです。

(1)仰向けになり、膝を直角に曲げます。このとき、足の裏は床に着けましょう。
(2)息を吐きながら両ひざを左右どちらかに倒します。
(3)今度は息を吸いながら両ひざを元の位置に戻しましょう。
(4)反対側も行ったら、一連の動作を10回繰り返します。

身体の調子をみながら腹筋をしよう

妊娠中や出産後に食べる量が増えたり下腹部の筋力が不足していると、胃や腸が下垂することがあります。それにより、ぽっこりお腹が引き起こされます。そのため、お腹を引き締めるための腹筋運動も一緒に行う必要があります。出産後1~2カ月経過した頃に、医師の許可を得てから行いましょう。腹筋運動の方法は次の通りです。

(1)ひざを直角に曲げた状態で仰向けになり、胸の前で腕を組みましょう。
(2)ひじがひざに付くまで上体を起こしていきます。このとき、ゆっくりと起こすことがポイントです。
(3)上体を起こした状態を5秒間キープします。
(4)一連の動作を10回繰り返しましょう。

まとめ

産褥体操や腹筋運動を行って、少しでも早く元のお腹に戻しましょう。しかし、慣れない育児に追われながら無理に行い、心身の調子を崩してしまっては元も子もありません。身体の調子を見つつ、自分のペースで行ってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加