産後ダイエット

2016/08/31

身体の調子に合わせて行う!産後の体型戻しの方法と注意点

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

身体の調子に合わせて行う!産後の体型戻しの方法と注意点

妊娠の進行と共にお腹が膨らんでいき、産後のお腹はどうしてもたるんでしまいます。体型を戻したい場合は、身体の調子に合わせてエクササイズすることが大切です。今回は、産後の体型戻しの方法と、行う上での注意点を解説していきます。

体調が落ち着いてから骨盤ベルトを着用する

妊娠中に分泌されるホルモンの影響を受けて骨盤が開きます。出産を終えると6~8週間かけて身体が元の状態に戻っていくのですが、放置しているだけでは骨盤が正しい位置に戻らない場合があります。骨盤が歪んだ状態では痩せにくいため、体型を戻すためのダイエットを始めるうえで弊害になります。

産後に体調が落ち着いてきた頃から、骨盤ベルトの着用を始めましょう。そうすることで、骨盤が正しい位置に戻るのをサポートすることができます。骨盤ベルトは、お腹やウエストを締め付けるものではなく骨盤を支えて引き締めるものを選びましょう。ガードルやウエストニッパーなど、お腹やウエストに装着するものは産後1カ月から使用できます。

軽いエクササイズを始める

産後は、ランニングや激しいエクササイズは控えた方がよいでしょう。ヨガ、骨盤スクワットなど身体を動かす量が少なくゆっくり行えるものを選びましょう。これらの運動であれば、産後1カ月から始めることができます。また、軽いストレッチでしたら産後1カ月を待たなくても体調が落ち着けば行えるので、身体の調子が良くなった頃に始めましょう。

産後の体型戻しの際の注意点

急激な体重の変化は身体に負担がかかります。更に、母乳の質や量にも影響がでる恐れがあるため、赤ちゃんのことを考えて無理なダイエットは控えましょう。1カ月で1kgを目安に、ダイエットをすることをおすすめします。産後半年間が最も痩せやすい時期だと言われているので、その時期を逃さないことがポイントになります。

ダイエットをするにあたり、身体の機能を維持するために必要な栄養をしっかり摂ることが大切です。特に、出産によって失った体力を取り戻すために高タンパクで鉄分を多く含む食品を積極的に摂ることが望ましいです。 また、産後はホルモンバランスが崩れているため、ストレスにより心身に悪影響が及びやすいです。母乳の状態に悪影響を与えるため、ストレスに感じない程度のダイエットを行いましょう。

まとめ

産後すぐは身体の調子が戻っていないため、激しい運動は控えてください。運動量が少なく、ゆっくりとした動作で行えるエクササイズがおすすめです。早く体型を戻したいと思い、無理なダイエットをすると体調を崩したり母乳の状態が悪くなることがあるので、やりすぎには注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加