産後ダイエット

2016/08/31

元に戻るの?産後のお腹の状態と体型を戻すための方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

元に戻るの?産後のお腹の状態と体型を戻すための方法

産後は妊娠中に着られなかった服を着て、おしゃれを楽しみたい!しかし、産後すぐはお腹が気になる・・・。今回は、産後ぽっこりのお腹の状態と体型を戻すための方法について解説していきます。

産後のお腹の状態

出産したからといって、すぐにお腹がへこむ訳ではありません。産後のお腹が大きいままなのは、子宮が収縮していないためです。時間の経過と共に子宮が収縮して、元の体型へと戻るので安心してください。しかし、何も対策をせずに放置すると、体型が崩れたままになる恐れがあります。そのため、体操をしたり骨盤矯正ベルトを着用するなど様々な対策が必要になります。

産褥体操から始めましょう

産後6~8週間かけて身体が元の状態に戻っていくのですが、この時期のことを産褥期と呼びます。産後すぐに激しい運動は行えませんが、産褥体操でしたらすぐに始められます。少しずつ身体を慣らしていき、産後1カ月頃からウォーキングなどの有酸素運動を始めましょう。

産後1日目からは、膝を伸ばして座った状態で足首を前後に動かしたり、リラックスした姿勢で首をゆっくりと前後に倒すな、軽い運動でしたら行えます。 産後3日目からは、座った状態で脚を交差し、上に置いている脚の方向にウエストをゆっくりと捻る体操を行いましょう。運動というよりは、身体を慣らすための準備運動です。

骨盤矯正ベルトを着用しよう

体調が整ってきたら、骨盤矯正ベルトを着用しましょう。骨盤を正しい位置に戻すのをサポートしてくれます。骨盤が正しい位置に戻ることで、お腹のたるみも改善されていきます。反対に骨盤が正しい位置に戻らないと、脂肪がつきやすくなります。お腹やウエストを直接締めるガードルやウエストニッパーは産後1カ月から着用し、それまでは骨盤を支えてくれるタイプのベルトを着用しましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がける

お腹を早く引き締めたいと思っても、過度に食事制限をしてはいけません。授乳だけで1日に約500~1000kcalも消費すると言われているので、過度な食事制限は母乳の質を低下させたり量が減る原因になります。また、食事制限によるストレスと育児によるストレスが重なり、心身の調子を崩す恐れもあります。自分の身体と赤ちゃんのことを考えて、栄養バランスのとれた食事を心がけてください。

まとめ

産後のお腹はぽっこりとしていますが、子宮の収縮と共に少しずつ元の状態に戻っていきます。しかし、そのまま放置すると骨盤が歪み、痩せにくい身体になる恐れがあるため、骨盤矯正ベルトを着用して正しい位置に骨盤が戻るようサポートしましょう。運動と食事制限は無理のない範囲で行ってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加