産後ダイエット

2016/08/31

産後におすすめの腹筋運動!楽々エクササイズをご紹介

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後におすすめの腹筋運動!楽々エクササイズをご紹介

妊娠中、お腹の中で成長していく赤ちゃんを守るために大きくなっていくお腹ですが、産後そのままにしておくと腹筋の力が衰えているため、だらんとたるんでしまいがちです。そこで今回は産後におすすめの腹筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。

産後はどうして腹筋の力が衰えているのでしょうか?

産後は大きくなった子宮によって、お腹がたるんでしまいがちです。理由の1つに腹筋力の衰えが挙げられます。なぜ、妊娠によって腹筋の力が衰えてしまうのでしょうか。

(1)白線のゆるみ
妊娠中、お腹は成長していく赤ちゃんを守るためにどんどん大きくなっていきます。約10カ月という短期間でお腹が大きくなるのは、妊娠中にリラキシンというホルモンが大量に分泌されるためです。

このリラキシンの働きによって、白線がゆるんでいきます。白線というのは腹筋の真ん中に走っている腱です。白線がゆるむと腹圧が下がり、お腹を大きくしますが、産後何もしなければこのゆるみが解消されることはありません。

(2)運動不足
大きなお腹を抱えると、どうしても妊娠前のように機敏に動けなくなってしまいます。また激しい運動を制限されることも多く、妊婦さんは運動不足に陥りがちです。運動不足によって筋力が下がるため、腹筋の力も衰えてしまいます。

いつ頃から腹筋を鍛えはじめればいいの?

妊娠によって衰えた腹筋は鍛えるほか、もとに戻す方法がありません。産後すぐに「本格的なトレーニングを!」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、出産直後の身体は痛みや傷が残っている可能性があるだけでなく、子宮収縮など、身体のほかの部分で変化が起きている時期なので、あまり無理はできません。

本格的に腹筋を鍛え始める前に産褥体操などで身体を慣らしてから、産後2カ月を目安にはじめると良いでしょう。ただし、産後の身体の回復には個人差があるため、無理のない範囲で行ってください。

産後におすすめ!お手軽腹筋エクササイズ

ではさっそく、腹筋を鍛えるための簡単なエクササイズをご紹介します。

(1)腹式呼吸
①ゆっくりと鼻から息を吸い、お腹の膨らみを意識しながらお腹に空気を溜めます。
②口からできるだけ少しずつ息を吐き出します。

(2)上体起こし
①仰向けに寝て軽くひざを曲げます。
②おへそを見るようなイメージで、ゆっくりと上体を起こします。
③5秒間キープします。
④ゆっくりと②の体勢に戻します。

出産によってたるんだお腹周りは、地道に腹筋を鍛えることによってひきしめることができます。産後2カ月が過ぎたら少しずつ本格的なエクササイズに挑戦してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加