産後ダイエット

2016/08/31

産後お腹を引き締める、骨盤矯正と腹筋運動の方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後お腹を引き締める、骨盤矯正と腹筋運動の方法

出産を終えたママの中にはお腹のたるみが気になるという方も多いのではないでしょうか。出産後のお腹を引き締めるには、骨盤矯正と腹筋運動という2つの方法がオススメです。今回は産後のお腹を引き締める骨盤矯正と腹筋運動の方法をご紹介します。

産後のお腹を引き締めるには、骨盤矯正と腹筋運動が効果的

産後、お腹がたるんでしまうのは骨盤と腹筋に原因があります。

(1)骨盤
出産に向け、赤ちゃんがスムーズに通れるように産道を広げようと骨盤が徐々に開いていきます。出産を終えると骨盤は自然に戻ろうとするのですが、一度開いた骨盤は矯正なしにもとの位置に戻ることは難しく、どうしても歪んでしまいます。骨盤が歪んでしまうと内臓が下がり、お腹周りに脂肪がつきやすくなると考えられています。

(2)腹筋
妊娠中、お腹は赤ちゃんの成長とともに大きくなっていきます。わずか10カ月の間にこれが可能になるのはリラキシンというホルモンが大量に分泌され、腹筋の中心を走っている白線という腱がゆるむためです。産後、何もしなければこの腱はゆるんだままになってしまうため、お腹はたるみがちになります。 これらの原因を解消すげれば、お腹をすっきりさせることができます。

産後の骨盤矯正は骨盤ベルトから

出産直後は身体が回復しようとしている時期であるため、あまり激しい運動はできません。産後、骨盤を矯正する方法としてすぐに取り組めるのは骨盤ベルトの装着です。骨盤ベルトはつける時期によってさまざまなタイプがあるため、あらかじめ妊娠中に確認しておきましょう。

産後1、2カ月が過ぎたあたりから、体調を確認しながら本格的なエクササイズをはじめましょう。ここでは簡単にできる骨盤体操を1つご紹介します。

①仰向けに寝て両手を大きく広げます。ひざは軽く曲げておきましょう
②下半身だけを右側にゆっくり倒していきます
③体勢をもとに戻し、今度は左側に下半身を倒します
④左右5回ずつ行います

どこでもできる!腹筋運動

骨盤体操を開始する時期に合わせて腹筋も鍛えていきましょう。一般的な腹筋運動として知られている上体起こしのほかにも、以下のような方法で腹筋を鍛えることができます。

【授乳中でもできる腹筋運動】
①おへそに力を入れ、お腹をへこませます
②30秒間キープします

【腹式呼吸】
①お腹に空気をため込むようなイメージで、息を思い切り吸います
②息を止め、5秒間キープします
③吸った息をすべて出し切るイメージで息をゆっくりと吐き、お腹をへこませた上体を30秒間キープします
④1日10回を目安に行います

いかがでしたか。産後のお腹を引き締めるには骨盤矯正と腹筋運動が効果的です。みなさんぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加