産後ダイエット

2016/08/31

産後1カ月は体重が減らない!?産後すぐにできる減量方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後1カ月は体重が減らない!?産後すぐにできる減量方法

妊娠によって増えた体重は、赤ちゃんを産んでもすぐに元通りにはなりません。体重をもとに戻すためには身体を動かすことが一番ですが、出産直後は身体に負担がかかるため本格的なエクササイズはできません。そこで今回は産後1カ月以内にできる減量方法をご紹介します。

出産直後はそんなに体重が減らない?

出産後すればすぐに体重が減るのでしょうか。一般的に妊娠によって増える体重は約7~12kgといわれています。この体重には赤ちゃんの体重や羊水、胎盤のほか、子宮や脂肪なども含まれるため、産後すぐに減る体重は多くても約5kgといわれています。

本格エクササイズは1、2カ月後から

妊娠によって増えた体重をもとに戻すには身体を動かすことが大切ですが、産後1カ月に満たない間は出血が続いたり、痛みを感じる可能性があるため、しっかりと身体を休ませる必要があります。無理な運動はせず、赤ちゃんの1カ月検診が終わったタイミングで少しずつはじめましょう。

産後1カ月までの間にできる減量方法

本格的に身体を動かせないとしても、産後1カ月までに体重を落とす方法はいくつかあります。決して無理はせず、できる範囲ではじめてみてください。

(1)まずは骨盤ベルトを
出産時、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるように骨盤が開いていきます。開いた骨盤はそのままにしておくと歪んでしまい、お腹周りに脂肪がつく原因になります。骨盤ベルトは着けるだけで骨盤矯正効果が期待でき、出産直後から使用できるタイプもあります。身体を動かしても問題のない時期に入ったら、ストレッチも合わせて行うと良いでしょう。

(2)母乳育児は大量にカロリーを消費する
母乳はプロラクチンというホルモンが乳腺に働きかけることによって作られます。母乳は母体の血液を主成分としており、赤ちゃんが乳首を吸う刺激によってオキシトシンというホルモンが作用し、乳房からポンプのように押し出されます。

赤ちゃんが吸うと出てくる母乳ですが、母乳育児によって消費するカロリーは1日に約800~1,000kcalともいわれています。このことから母乳育児はダイエット効果が期待できると考えられています。

(3)授乳中にもできる呼吸法
本格的なエクササイズができなくても、腹筋は鍛えることができます。ここでは授乳中でもできる簡単なエクササイズをご紹介します。本格的なエクササイズではありませんが、多少なりとも身体には負担がかかってしまうため、少しでも不調があるときは控えてください。

①おへそに力を入れ、お腹をへこませます。
②30秒間キープします。

産後1カ月までは本格的なダイエットができないため、なかなか体重が元に戻らない期間だといわれていますが、少し工夫するだけで痩せにくい体質を改善することができます。ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加