産後ダイエット

2016/08/31

少しの工夫で効果UP!おすすめ産後ダイエット

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

少しの工夫で効果UP!おすすめ産後ダイエット

出産を終えた多くの女性が取り組んでいる産後ダイエット。身体を動かす必要があるのは十分に承知の上ですが、より効果的に行う方法はないのでしょうか。今回は、少しの工夫で効果が高まる産後ダイエットをご紹介します。

ダイエットの時期は産後6カ月までが効果的!

出産に向けて開いた骨盤や大きくなった子宮は、産後、6カ月ほどの時間をかけてゆっくりともとに戻っていきます。この間は身体が痩せやすい時期であるため、産後ダイエットを行うのであれば産後6カ月までの間に行うのが効果です。

栄養バランスの良い食事を心がけることでダイエットと質の良い母乳の相乗効果が

授乳するだけで1日約500~1,000kcalものエネルギーを消費しているといいます。これは、ウォーキングを2時間したときに消費できるエネルギーに値するともいわれています。

出産後は慣れない育児によって忙しくなり、食生活が乱れがちです。個人差はありますが、チョコレートやケーキなどの脂肪分や糖分の多いものを食べたくなることもあるようです。しかし、これらの食べ物は母乳の質を落としてしまいます。赤ちゃんのためにも1日3食、栄養バランスの取れた食事を摂るように心がけましょう。

母乳育児はたくさんのエネルギーを消費しますが、栄養バランスを整えることでさらにその効果を高めることができます。

赤ちゃんと一緒にできるエクササイズ

産後ダイエットを成功させるためには骨盤矯正と腹筋運動が効果的です。しかし、産後はなかなか自分の時間を作ることができず、継続的に運動を続けることが難しい方もいるでしょう。そんなときは赤ちゃんと一緒にできるエクササイズをやってみましょう。

【骨盤体操】 ①膝を軽く曲げて座り、その上に赤ちゃんを乗せます。赤ちゃんの背中が地面に対し、約45度傾くようにしましょう
②赤ちゃんの首をしっかり支え、自分の顔を赤ちゃんに近づけたり、遠ざけたりしながら骨盤を前後に揺らします

【ひねり運動】 ①赤ちゃんを横抱っこの状態で抱きかかえ、立ち上がります
②背筋をまっすぐ伸ばし、足を肩幅に開きます
③息をゆっくり吸いながら腰を右にひねります
④息をゆっくり吐きながらもとの体勢に戻ります
⑤左側も同様に行います

出産直後は身体に大きな負担がかかってしまうため、激しいエクササイズを行うことはおすすめできません。このようなエクササイズは赤ちゃんの1カ月検診が終わったタイミングで、自分の身体と相談しながら少しずつ始めることをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加