産後ダイエット

2016/08/31

楽々産後ダイエット!痩せたいときに注意したいポイント

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

楽々産後ダイエット!痩せたいときに注意したいポイント

妊娠、出産によって女性の身体は大きく変化していきます。この変化は産後の身体にも影響を与えるため、何もせずにいると痩せにくい身体になってしまいがちです。今回は産後ダイエットに取り組む際に注意したいポイントについて、ご紹介します。

骨盤矯正は産後6カ月が経過する前までに

出産に向け、妊婦さんの骨盤は開いていきます。出産を終えると骨盤はもとに戻ろうとするのですが、このときしっかり矯正しなければ骨盤が歪んでしまい痩せにくい身体になってしまいます。

骨盤は産後6カ月までは比較的柔らかく矯正しやすい状態にありますが、この時期を過ぎてしまうと手遅れになってしまいます。骨盤矯正は整骨院などに行く方法のほか、骨盤ベルトの着用という方法もあるため、自分に合った方法で骨盤矯正を行いましょう。

母乳育児はエネルギー消費大

産後ダイエットの方法として注目されているのが母乳育児です。母乳を出すには1日約500~1,000kcalものエネルギーを消費するといわれており、この消費エネルギーはウォーキングを2時間行ったときの消費エネルギーに相当するともいわれています。 しかし、これだけのエネルギーを消費するということはダイエット効果が期待できる反面、何もしていなくてもお腹が空いてしまいます。このときに空腹に負けて制限なく食べてしまうと、痩せるどころか太ってしまうため注意が必要です。

産後のおすすめ食材5選

ここでは、産後、痩せたいときに積極的に食べてほしい食材をご紹介します。

(1)大豆製品
納豆や味噌、豆腐などといった豆製品に多く含まれているタンパク質は、血液や筋肉を作ってくれます。母乳は血液からできているため、大豆製品を食べると良質な母乳を作ることができるほか、大豆イソフラボンのパワーで基礎代謝を上げたり、女性ホルモンを活性化させることもできます。

(2)根菜類
にんじんやごぼうなどの根菜類は身体を温め、代謝を高めてくれる効果が期待できます。また、利尿作用のあるカリウムも豊富に含んでいるため、血液に含まれている塩分を尿とともに排出してくれる働きがあります。この作用はむくみに効果的です。

(3)海藻類
海藻はカロリーがほとんどない食材として知られていますが、カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどといったミネラルがたっぷり含まれているほか、ビタミン類やタンパク質も豊富です。また、余分な脂肪の燃焼を促してくれるヨウ素も含まれているため、ダイエット効果が期待できます。そのほか、食物繊維の働きによって満腹感を得ることができるため、ダイエット中の空腹時には特におすすめの食材です。

(4)きのこ類
きのこ類は海藻と同じく、低カロリーなのにビタミンやミネラルを豊富に含んでいる食材です。また、食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の解消効果が期待できるほか、きのこ類に多く含まれているビタミンDは肥満の予防効果が期待できるといわれています。

(5)ナッツ類
どうしてもお腹が空いてしまった時に食べるならナッツ類がおすすめです。ナッツ類には身体の老廃物や毒素を体外に排出してくれる食物繊維が多く含まれているほか、ビタミンB1、B2、B6を多く含んでいるため、糖質や脂肪の代謝を促す効果も期待できます。ナッツにはホルモンバランスを整える葉酸も含まれています。

育児中は出産前に比べ忙しくなってしまいがちですが、栄養バランスの取れた食事を1日3食しっかり食べることが大切です。不規則な生活は痩せにくい身体を作る原因になってしまうほか、母乳の質にも影響を与えてしまいます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加