妊娠検査薬のタイミング

2016/09/12

妊娠検査薬の線の濃さは日々変わっていくもの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠検査薬の線の濃さは日々変わっていくもの?

はじめての妊娠の場合、妊娠検査薬の反応はわかりづらいことも多いかもしれません。一度は陽性反応が出たのに、その後線が薄くなったり濃くなったりと結果が変わることを心配している相談者の女性に、専門家たちがアドバイスしています。

プレママからの相談:「日によって濃さが変わるのはなぜ?」

妊娠を希望しており、体外受精をしています。BT5から検査薬で反応が出るらしいことを聞き、試してみたら陽性でした。しかしBT6に測ったらその線は薄くなってしまいました。以後毎日計測し、線は薄くなったり多少濃くなったりするのですが、線の濃さは変わっていくものなのでしょうか。また今真っ白でも、妊娠判定日に陽性になることはありえるのでしょうか。胚盤胞移植なので毎日ドキドキしています。(35歳・女性)

体外受精後の計測について

陽性反応が出た後に線の濃さが変わっても妊娠している場合はありますが、妊娠判定日より前の検査結果が正しいとは限らないようです。

体外受精も決して安価なものではなく、妊娠・出産を成功させたいと不安になることもあると思います。体外受精後の経過観察のために用いるための検査なのですが、一度陽性という反応が出てその後に線が薄くなったり元に戻ったり、もしくは真っ白に近いくらいに薄くなってしまうことも実際にあります。そのように変動があっても妊娠はしている・継続しているということはよくあります。(一般内科看護師)
体外受精をした後は2週間後ほどに、病院で妊娠の検査を行うと思います。判定日に近い日であれば信憑性は高まりますが、この時期を待たずに検査薬を使用しても正しい判定とはいえないでしょう。着床には個人差がありますが、一般的に移植後3~5日でも検査薬では反応しにくいともいわれています。(産科・婦人科医師)

最終的な判断は病院で

妊娠検査薬は、説明書に書かれた正しいタイミングで使うのがベストです。最終的な検査は病院を受診する必要があります。

私の場合はBT7日目で検査薬がほとんど真っ白のような状況でとても不安だったのですが、血液検査では陽性という結果で安心しました。あまり神経質にならずに、できるだけ落ち着いて過ごすようにしましょう。(一般内科看護師)
妊娠検査薬は、受精卵が着床した後に分泌されるhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)によって反応がでます。hCGの分泌が少ない時期や、水分摂取によって尿が薄い状態の場合、尿のかけ方によっては正しい判定ができません。(産科・婦人科医師)
体外受精を行ってからの検査ですと、生理予定日前から使用できるものがよいですし、説明書にある検査法や判定法を守るようにしてください。また判定が陽性でも陰性でも、最終的な判断は病院での検査になります。(産科・婦人科医師)

妊娠判定日前に検査薬で陽性反応を示し、そのまま妊娠が継続している可能性もありますが、妊娠確定は病院で行います。また、検査薬は説明書どおりに使用することをお勧めします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加