妊娠検査薬のタイミング

生理不順で妊娠検査薬を使うタイミングが分からない

女性は生理周期が安定していないと、様々な場面で予定が立たず困ることがあります。計画的な妊娠を希望しているのに生理不順があり悩む女性に対し、医師や看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

生理不順についての相談:「妊娠検査薬を使うタイミングは?」

私は昔から生理不順です。約1カ月で生理が来ることもあれば、2カ月ほど来ないこともあります。これから妊活を始めようと思うのですが、生理不順がある場合、どのタイミングで妊娠検査薬を使えばよいでしょうか。生理予定日が分からないので、妊娠していたとしてもいつごろ反応が出るのかわかりません。まだ生理が来ないのに何度も検査薬を試すのも大変ですし、反対に妊娠しているのにしばらく気付かないのも困ります。(30代・女性)

まずは基礎体温を計測し、排卵が起きているか確認を

生理周期が28~38日なら生理不順にはなりません。生理周期が安定していないと排卵がいつかわからないので、基礎体温を測定し排卵のタイミングを測ることがポイントです。妊娠を希望するのであれば、受診して排卵や妊娠機能を調べてもよいでしょう。

生理が約2カ月遅れるのは頻回にあることでしょうか。生理周期は、前回の生理が始まった日から次の生理が始まる前日までで計算され、28~38日なら生理不順にはなりません。女性の身体はデリケートですから、1カ月生理が遅れても次からは順調に来るようなら、さほど心配はありません。(産婦人科医師)
生理周期が安定していないと排卵がいつ起こるか分からず、妊娠検査薬を使う時期を特定することはできません。基礎体温を測り、排卵が起きているか確認してください。排卵は基礎体温が最も低くなった前後に起こります。その頃にタイミングを図り、約2~3週間後、高温期が続いていれば妊娠検査薬を使用してください。妊娠を希望するなら、まずはホルモン検査を行い、排卵が起きているか、卵巣機能に問題ないか調べた方がよいでしょう。(産婦人科医師)

検査薬を使うタイミングは、体調や感覚の変化をめやすに

妊娠検査薬を使用するタイミングに困るときは、妊娠により起こる体調や感覚の変化を基準にするとよいでしょう。嗜好や嗅覚の変化、吐き気や頻尿など、様々な症状が目安になります。

一般的に生理不順で妊娠検査薬の使用に困るときは、体調や感覚の変化を基準にすることが多いようです。今まで食べられていたものが急に食べられなくなった、受け付けなくなった、今まで何とも思わなかったにおいに敏感になった、食べ物や香りの好き嫌いが変わってきたタイミングがひとつの基準です。(看護師)
妊娠を予感させるような症状が出た時もタイミングといえます。突然誘因なく吐き気が出るようになったり、妊娠初期症状としての頻尿や、生理前のような何ともいえない不快な症状が続くこともあります。熱っぽさを感じたり、精神的に不安定になることもあります。(看護師)

生理周期が不順だと排卵のタイミングが分からず、妊娠検査薬を使う時期が特定できないようなので、基礎体温を測定したり、病院で検査を受けて排卵について調べることも一案です。妊娠すると体調に変化が現れますので、検査薬を使用する目安になるようです。


2016/09/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)