妊娠検査薬の基礎

2016/09/14

使用条件を外れた妊娠検査薬の陽性反応は信頼できる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

使用条件を外れた妊娠検査薬の陽性反応は信頼できる?

妊娠したかどうかを一日も早く知りたくて妊娠検査薬を使用しても、反応があいまいだととても不安です。結果をどう判断したらよいかと悩む女性に対し、医師や看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

妊娠検査薬についての相談:「薄い線も陽性反応?」

本日、妊娠検査薬を使用しました。早く結果を知りたかったので、検査目安は生理予定日1週間後以降と書いてあったところを、予定日から3日で検査しました。しかもお茶類を飲んでから検査してしまったからか、既定の検査時間では線が見えにくく感じたため、そのままさらに10分間放置してから見てみると、うっすら陽性のような反応が現れました。これは信用できる結果といえるでしょうか。(20代・女性)

妊娠検査薬で出てくる薄い線の考え方

妊娠検査薬は妊娠が成立すると、分泌される尿中のホルモンを検出し線が現れます。検査時期や反応時間によって薄い線が出ることもありますが、説明書に記載されているものと同じ色の線なら妊娠の可能性が、違う色なら陰性の可能性が高いです。

妊娠検査薬は、検査時期や反応時間によって薄い線が出ることがあります。妊娠検査薬は、妊娠が成立すると分泌される尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンを検出し、妊娠を判定します。判定時間を過ぎた後に出てくる薄い線は、説明に記載されているものと同じ色の線であれば、陽性の可能性があります。(産婦人科看護師)
記載されているものと違う色の線の場合は「蒸発線」と呼ばれ、尿の水分が蒸発する際に成分が線状に残ったり、濃くなった尿の成分による誤反応が出たものです。蒸発線の場合は陰性の可能性が高いようです。判断に悩む結果が出た場合は、3日後くらいの再検査をお勧めします。(産婦人科看護師)

やはり説明書どおりに使用することが大切

妊娠検査薬の説明書に記載されている正しい検査法でなければ、検査結果の正しい判定はできません。陽性反応が出ても妊娠確定とは言えないので、必ず病院で検査を受けて下さい。

妊娠検査薬の説明書に記載されている条件を満たしていなければ、検査結果は不確かと考えてください。生理予定日から1週間後と記載されているものを3日目で使用しても、ホルモンの分泌量が少なかったり、水分をとってからだと尿が薄くなっているので、陰性になったり時間が経って反応が出ることもあり、正しい判断がしにくくなります。妊娠検査薬を使用するときは、記載されている正しい検査方法で行ってください。(産婦人科医師)
妊娠検査薬で陽性が出ても妊娠確定ではなく、陰性でも妊娠している場合があります。生理前のホルモンバランスや、尿のかけ方によっては正しい結果が出ないので、必ず生理予定日を過ぎて約1週間経ってから、病院で検査を受けてください。(産婦人科医師)

妊娠検査薬は検査時期や反応時間によって薄い線が出ることもありますが、説明書と同じ色の線なら妊娠の可能性があり、違う色なら陰性の可能性が高いそうです。正しい判定を知るためには、説明書に記載されている検査方法で行いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加