妊娠検査薬の基礎

2016/09/15

体外受精後、妊娠検査薬でうっすらとした線が…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

体外受精後、妊娠検査薬でうっすらとした線が…

赤ちゃんのおとずれを切望する女性にとって、妊娠検査薬の結果判定は緊張の一瞬です。反応は現れたが、時間が経っている場合はどう判断したらよいのかと悩む女性に対し、医師や看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

妊娠検査薬についての相談:「体外受精後の反応について」

40歳で体外受精しています。内膜8mmで、顕微授精した5BBの卵を移植し現在BT6です。クリニックでの判定はBT12なのですが、先程わずかに出血があり、下腹部がチクチクと痛むので安静にしています。気になって仕方がないので妊娠検査薬を使ってみたところ、判定窓は真っ白でした。しかし2時間経って再び見てみたら、うっすら線が出ています。本来は1分程で結果は出るはずですが、数時間後に出てくることもあるのでしょうか。(40代・女性)

妊娠検査薬の薄い線には様々な原因があり、結果としては不正確

妊娠検査薬は着床後に分泌される尿中ホルモンに反応しますが、条件によっては薄い反応が出ることもあります。今回は着床直後でホルモンが反応濃度に達していなかったか、尿の水分が蒸発した際に、尿成分が線状に残った誤反応の可能性が考えられます。

妊娠検査薬は、着床した後に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)ホルモンが尿中に混ざることで反応が出ます。ただし、水分によって尿が薄くなっている時や妊娠初期でhCGの分泌が少ない時、すでに流産してホルモンの分泌量が減っているような時は反応が出なかったり、時間が経って薄い反応が出る場合もあります。検査薬の説明書に記載されている使用時期や使用法を満たしていない状況での反応は、不正確と考えてください。(産婦人科医師)
今回の結果から2通りの可能性が考えられます。胚盤胞移植の場合、正確な着床時期は7日目前後と言われています。現在BT6で微量出血と下腹部痛があるようなので、着床直後と考えられ妊娠検査薬が反応するhCG濃度に達していなかったため、時間が経ってから薄い線で現れた可能性があります。もう1点は「蒸発線」です。これは検査薬に染み込んだ水分が蒸発する際に、尿の成分が線状に残り誤反応を起こした結果現れるものです。(産婦人科看護師)

判定日付近で再検査をし、病院のエコー検査で確定を

判定時間外の反応やフライング検査では正確性に欠けるので、再検査をお勧めします。また妊娠の確定は、病院でエコー検査を受けることが必要です。流産しやすい時期なので絶対安静にしましょう。

基本的には既定の判定時間内に反応がなければ、陰性としましょう。移植後1週間前後のフライング検査は正確さに欠けるので、判定日付近での再検査をお勧めします。(産婦人科看護師)
不安だと思いますが、妊娠の確定や赤ちゃんの存在は、やはり病院でエコー検査を行わなければ正しい判断ができません。妊娠初期は普段の生活でも流産しやすいので、出血がみられた場合やお腹が張るときは、絶対に安静を心がけてください。(産婦人科医師)

妊娠検査薬の薄い反応は、尿中のホルモン濃度や尿の水分等の影響によるものかもしれません。規定の判定時間外の反応やフライング検査では正確性に欠けるので、再検査も一考してください。また、妊娠の確定は病院のエコー検査をして判定されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加