学習障害

2015/01/31

子供が学習障害かもしれない…どんな障害ですか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子供が学習障害かもしれない…どんな障害ですか?

学習障害や発達障害…以前はあまり耳にしなかった障害について、今は知る機会が増えてきました。とはいえ、もし自分の子供がそうだとしたら!?小学生のママからの相談に精神科の看護師さん達の答えは?

ママからの相談:「子供が学校の先生に学習障害ではないかと言われました」

小学校2年生の子供が、学校の先生に「学習障害ではないでしょうか」ということを言われました。今まで健診などで知的な遅れを指摘されたことはなく、ショックです。学校ではきちんと席に座っているのですが、先生の指示がきちんと理解できないようです。でも、先生が一対一で話せば、理解できるそうです。学習障害というのは初めて聞いたので、これがどんな障害なのかよく理解できません。この障害は治るのでしょうか?(20代、女性)

学習する際に必要とされる能力に問題があることを言います

読む、書く、計算、聞く、話す、推論するという能力は、学校で勉強する上で欠かせないものです。学習障害とは、その能力のうちいずれかに特に問題がある状態を指すそうです。

学習障害というのは、学習する際に障害がみられるものとして言われています。全般的に基本的な知的発達に遅れはないが、聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するという能力のうち、どれかの能力に特に問題がある場合に言われるものです。(緩和医療科看護師)
例えば、話したり、書いたりできるが、計算ができないといった状態です。中枢神経系になんらかの障害があると言われています。(精神科看護師)
脳に何か機能障害があると言われていますが、どこに異常があるかなど、詳しいことはまだ分かっていません。(緩和医療科看護師)
お子さんが言われていることも症状の1つとして当てはまりますが、それだけでは特定しかねますし、学習障害を診断するには専門機関へ行く必要があります。(緩和医療科看護師)

診断には専門機関の受診が必要。早めの対応で子供の負担も軽く

学習障害の診断については専門機関の判断を仰ぐ必要があります。もし、学習障害だと診断されたらお子さんの能力にあわせた治療が開始されます。

(学習障害かどうかを診断するには)まずはCTやMRIで脳の病気がないか調べます。次に知能検査でお子さんの知能に遅れがないか検査します。もし、学習障害と診断されれば、お子さんの能力に合わせて治療が始まります。(精神科看護師)
学習障害はまだ医学的に解明されていないことも多く、医学的治療法も確立されていない状況です。症状も様々で、1人1人程度も違いますので、支援の仕方も幾万通りあります。家族が症状を理解し、一緒に支援していく必要があります。早期に対応していくことで負担を軽減していくことができます。(緩和医療科看護師)
治療で完治するかは分かりません。お子さんのペースや能力に合わせて訓練することが大切です。誰にでも得意、不得意があるように、学習障害は個性として見落とされがちです。治療を始めるのでしたら、早い段階からがよいですし、専門家の意見が必要ですので、一度、病院を受診してみて下さい。(精神科看護師)

学習障害は医学的治療法も確立されておらず、完治するかはわからないようです。早期の対応で子供の負担を軽くできるようですから、まずは病院を受診し、専門機関に相談してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加