妊娠検査薬の基礎

2016/09/16

妊娠検査薬のおすすめメーカーは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠検査薬のおすすめメーカーは?

薬局に並んでいる妊娠検査薬。メーカーや製品によってその性能や正確性に違いがあることや、商品を選択する決め手になるポイントはあるのでしょうか。

女性からの相談:「妊娠検査薬の違いとおすすめは」

生理が遅れているので妊娠検査薬で調べてみようと思います。薬局にはいろいろなメーカーのものがありますが、何か違いはあるのでしょうか。おすすめのメーカーはありますか。できるだけ早く正確に反応してくれるものを探しています。(20代・女性)

基本的にメーカーによる性能差はない

いくつも並んでいると、どれを選べばよいのか悩みますね。メーカーによる性能の違いや選択する際のポイントがあれば、ぜひ知っておきたいですが、専門家はこのことに関してどう答えているのでしょうか。

妊娠検査薬の正確さは、どのメーカーも90%以上をうたっていますし、判定まで約1分程度のものがほとんどです。機能としての差はほとんどないと思います。ただし、どのような検査薬でも尿をかける時間や、検査のタイミングなどでうまく結果があらわれない場合がありますので、用法をしっかり守って使用しましょう。(看護師)
最近はさまざまな検査薬がありますが、どのメーカーも90%以上の確実性があるようで、どれがよいというのは特にありません。検査薬には生理前でも使えるものもありますから、使用したい時期や価格によって選ぶとよいのではないでしょうか。(婦人科医師)
メーカーによって尿をかける時間が短いもの、判定終了を知らせる窓が別についているもの、尿をかける部分が長く作られているもの、生理予定日当日から使用できるもの、複数回検査できるものなど、それぞれに特徴がありますので、ご自身が使用しやすいと思われるものを選択してみてください。(看護師)

妊娠を確定するには

各メーカーとも性能に違いはなさそうです。ポイントは説明書をよく読み、正しく使用することです。ただし、検査薬で陽性が確認できたとしても、妊娠を確信して妊婦生活に入るにはまだ少し早いかもしれません。

検査薬は一般的には生理予定日1週間後、もしくは性行為から3週間後に検査するようになっていますが、妊娠検査薬はあくまで簡易的な検査です。妊娠を確定するには病院での尿検査や膣から行うエコーによる胎嚢の確認が必要となります。妊娠検査薬で妊娠が疑われる場合は、病院で検査し、医師の診察を受けて妊娠確認をするようにしましょう。(看護師)
妊娠検査薬はあくまでも目安ですし、説明書にある条件を満たしていない場合は、正しい結果が出ないこともあります。最終的には生理予定日を1週間ほど過ぎてから、病院で検査してください。(婦人科医師)

妊娠検査薬の検査結果はかなり信頼がおけるものではありますが、確実に妊娠を判断するためには、やはり医療機関できちんと医師に診断してもらうことが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加