妊娠検査薬の基礎

2016/09/17

低用量ピル服用中でも妊娠検査薬による判定はできる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

低用量ピル服用中でも妊娠検査薬による判定はできる?

望まない妊娠を防ぐため、ピルの服用は非常に有効な手段です。正しく使用すれば避妊効果はほぼ100%と言われますが、それでも妊娠の可能性を心配する女性に対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

低用量ピルについての相談:「服用中でも妊娠検査薬の判定は可能?」

現在、低用量ピルを継続して服用しています。そのため妊娠する確率はほとんどないと思いますが、ピルの服用によって経血が少ないので時々心配になります。ピルにより身体が妊娠した状態となり、排卵が抑えられることで避妊ができると聞きましたが、そのような状態で妊娠検査薬を使った場合、正しい判定ができるでしょうか。妊娠していない場合はピルの効果を継続させたいので、できれば服用を続けた状態で知りたいです。(30代・女性)

低用量ピルと妊娠検査薬について

低用量ピルは妊娠時と同様の状態を作り出し避妊効果を発揮するもの、妊娠検査薬は着床時のホルモンを検出し妊娠判定をするものです。

低用量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンが含まれています。服用することよって妊娠している状態と同じホルモンバランスとなり、脳が「妊娠している状態」だと勘違いを起こします。その結果、排卵が起こらなくなり避妊効果を発揮します。一方妊娠検査薬は、受精卵が着床し妊娠が成立すると分泌されるhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を検出し、妊娠判定します。(産婦人科看護師)

ピルを服用している時でも妊娠判定は可能

ピル服用中でも妊娠検査薬の検査結果に影響を及ぼすことはありません。ただしピル服用中止後は、生理周期を確認して検査薬の使用時期を見極めることが必要です。正確な妊娠確認のためには病院を受診しましょう。

ピルによって「妊娠している状態」となっても、実際に妊娠していなければhCGホルモンは分泌されず、ピルの成分が検査薬に反応することもないので、ピルを服用していても妊娠検査薬の検査結果に影響を及ぼすことはありません。(産婦人科看護師)
ピルの影響で、服用をやめた後生理周期に乱れが生じる場合があります。そのため妊娠検査薬を使用する際には、生理周期を確認し使用時期を見極める必要があります。妊娠検査薬はあくまで簡易的な検査なので、正確な妊娠確認のため、病院での検査や医師の診察を受けるようにしましょう。(看護師)

低用量ピルは妊娠時と同様の状態を作り出し避妊効果を発揮するもので、妊娠検査薬は着床時のホルモンを検出し妊娠判定をするものです。ピル服用中でも妊娠検査薬で妊娠判定をすることが可能ですが、正確な妊娠確認のためには病院での検査・診察が必要だそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加