妊娠検査薬の基礎

2016/09/18

妊娠検査薬で薄い陽性反応…受診のタイミングは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠検査薬で薄い陽性反応…受診のタイミングは?

妊娠検査薬で陽性が出て病院を受診しても、タイミングが早すぎると妊娠が確定できず、何回も受診をしなければならないことがあります。そのような状況の女性に対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

フライング検査についての相談:「陽性の場合の受診のタイミングは?」

妊娠しているかもしれないと思い、生理予定日10日前に妊娠検査薬を試したところ、うっすらと陽性反応が出ました。妊娠検査薬の説明書では、薄くても反応が出れば高確率で妊娠しているとのことでした。徐々につわりのような症状も出ているので、産婦人科を受診した方がよいと思いますが、あまりにも早いタイミングだと、心音が確認できないと聞きます。フライング検査で陽性反応が出た場合の受診のタイミングを教えて下さい。(30代・女性)

妊娠検査薬でわかること、病院でわかること

妊娠検査薬は、受精卵が着床すると分泌されるホルモンに反応し、感度のよいものでは生理予定日頃に妊娠判定が可能なものもあります。病院では、生理予定日1週間後頃に確認される子宮内の胎嚢や、胎芽・赤ちゃんの心音の確認により妊娠が確定します。

妊娠検査薬は、受精卵が着床すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンに反応する仕組みになっています。妊娠検査薬の中でも、低い濃度でよく反応する感度のよいものでは、生理予定日頃でも判定可能なものがあります。(看護師)
妊娠検査薬での反応が不明確な場合、病院ではまず尿検査を行い妊娠の反応を見ます。さらに胎嚢(赤ちゃんを包んでいる袋)、胎芽(これから赤ちゃんへ成長していくもの)、赤ちゃんの心音を確認できて初めて、妊娠したと確認されます。胎嚢は妊娠5週目頃に確認されるので、生理予定日より10日も早い段階では、まだエコーでも胎嚢の確認は難しい可能性があります。(看護師)

生理予定日1週間後に再検査をし、陽性なら受診を

フライング検査で陽性が出たら、生理予定日1週間後(妊娠5週目)を目安に再度妊娠検査薬で検査をし、陽性なら病院を受診してください。ただし、体調に異変が生じた場合はすぐに受診をしてください。

現在は妊娠検査薬の精度も向上し、フライング検査で陽性であれば、高確率で妊娠していると考えられます。しかし、検査薬はあくまでも尿中のhCGホルモンに反応しているのであって、子宮内の状態までは分かりません。(産婦人科看護師)
フライング検査で陽性が出た場合は、まず生理予定日1週間後(妊娠5週目)に再度検査薬で検査を行い、その結果が陽性であれば、速やかに病院を受診してください。妊娠5週目であれば、正常な妊娠であるかどうかの判断や、超音波診断での胎嚢の確認が可能です。化学流産や子宮外妊娠の可能性もあるので、出血や下腹部痛など体調に異変が生じた場合には、すぐに受診して医師の指示を仰いでください。(産婦人科看護師)

感度のよい妊娠検査薬では、生理予定日頃に妊娠判定が可能なものもありますが、子宮内の胎嚢・胎芽・赤ちゃんの心音が確認できるのは妊娠5週目頃からなので、生理予定日1週間後に再度妊娠検査薬を用い、陽性なら病院を受診するとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加