産後の抜け毛・円形脱毛

産後の抜け毛で心もとない印象に…ずっとこのまま?

妊娠・出産により女性はダイナミックな身体の変化を体験します。数々の変化の中で、長期に渡って産後の抜け毛が続くことに心を痛めるママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「産後の抜け毛について」

産後約3カ月から、髪の毛が分け目の部分から抜け始めました。一過性のものとあまり心配していなかったのですが、1年半経った今でも抜け毛は続いています。抜けた部分から新しく生えてきたのですが、ひょろひょろとした力のない髪が、ピンと立っています。かなりの量の髪が、まるで静電気で立っているかのようで、おしゃれをしてもみすぼらしく感じられます。一生このままの状態が続くのでしょうか。(20代・女性)

抜け毛は産後半年から1年で元に戻るが、個人差あり

妊娠中は女性ホルモンの作用で髪が抜けにくくなっていますが、産後に女性ホルモンが減少すると、それまで留まっていた髪が一気に抜け落ちます。その他、産後の抜け毛には、疲労やストレスも影響します。通常は産後半年から1年で元に戻ります。

産後の抜け毛は産後脱毛症と呼ばれ、多くの女性が経験しています。妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンが増加しますが、この影響で髪の毛が抜けにくくなります。本来髪の毛は一定の周期で生え変わりますが、産後、女性ホルモンが役目を終えて減少するとともに、これまで抜け落ちなかった髪の毛が一気に抜け落ち、生え変わります。そのため、産後の抜け毛が増えたと自覚するようになります。(看護師)
慣れない育児で肉体的疲労や精神的ストレスなどの要素が重なることも、発毛に影響を与えています。産後の抜け毛は、通常半年から1年で元の状態に戻ると言われていますが、発毛の速度には栄養状態や睡眠、ストレスが関与しており個人差があります。(産婦人科看護師)

育毛に必要な栄養分を摂り、ストレスを解消して

成長途中の髪の育毛のためには食事から必要な栄養分を積極的に摂ること、ストレスを解消することがポイントです。1年以上状況が変わらないのであれば、医師に相談してみましょう。

「ひょろひょろとした力のない髪」が、成長途中の大切な髪です。育毛に必要な、鉄分・亜鉛・カルシウム・たんぱく質を普段の食事から積極的に摂ることをお勧めします。ストレスも発毛に影響するので、周囲の協力を得て睡眠や休息を確保し、ストレスを溜めないようにしましょう。(産婦人科看護師)
産後1年以上経っても落ち着かない場合は、一度医師に相談してみましょう。(看護師)

産後の脱毛は、妊娠中と産後の女性ホルモンの増減により起こります。通常は産後半年から1年で元に戻りますが、戻らない場合は医師に相談することも一案です。また、育毛に必要な栄養成分を食事から積極的に摂ったり、ストレス解消を心がけるとよいそうです。


2016/09/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)