葉酸はいつまでとるべき?

2016/09/13

葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきなのか

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきなのか

葉酸サプリを一定量飲むことで赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症率を大幅に下げることができたという研究結果がイギリスで発表されて以来、葉酸は妊婦の必須栄養素として広く知られるようになりました。今回は葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきなのかについて解説します。

葉酸とは

葉酸はビタミンB群の一種であり、核酸の合成に関わる栄養素です。1991年イギリスのビタミン研究グループは、葉酸サプリを一定量摂取すると、そうでない場合に比べ、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の再発リスクを約72%防ぐことができたという研究結果を発表しました。日本では2000年厚生労働省により、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性に対し、積極的な葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はいつからいつまで飲むべき?

赤ちゃんの神経管閉鎖障害発症リスクを抑えるためには妊娠1カ月前~3カ月までの間に葉酸を摂取する必要があると考えられています。しかし、この時期を過ぎても葉酸には以下のように様々な効果があるため、葉酸サプリの摂取についていつまで飲むという明確な期限はありません。

◆赤ちゃんの発育を促す
◆流産や死産のリスクを軽減する
◆妊娠高血圧症候群を予防する
◆早産を予防する
◆産後の子宮の回復力を高める
◆母乳の質を高める

妊娠していなくても得られる健康効果がある

細胞分裂を促進し、造血作用がある葉酸は妊娠中のみに限って摂取するべき栄養素という訳ではありません。妊娠に関わらず得られる健康効果は以下の通りです。

(1)月経前症候群(PMS)の症状を和らげる
生理の3~10日前から起こるイライラ、腹痛、頭痛などの不快症状が月経前症候群です。月経前症候群を意味するPremenstrual Syndromeの頭文字を取ってPMSと呼ばれることもあります。葉酸をはじめとするビタミンB群にはホルモンバランスを調整する働きがあるため、月経前症候群の和らげる効果が期待できます。

(2)悪性貧血を予防する
葉酸はビタミンB12と共に赤血球の生成に関わっています。赤血球が上手く作れないと悪性貧血である巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)を引き起こします。同じ造血作用があるビタミンB12と共に十分な葉酸を摂取することでこの貧血を予防することができます。

(3)動脈硬化を予防する

血中に存在するアミノ酸の一種であるホモシステインは増加すると動脈硬化を引き起こし心疾患などの原因になります。葉酸はホモシステインの血中濃度を下げ、心臓疾患や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

(4)免疫機能や消化管機能を健康的に保つ
葉酸には細胞分裂を促進する作用は、免疫機能や消化機能を向上させるのに役立ちます。その結果、舌炎や口内炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍などを予防することができます。

妊娠中に摂取するイメージが強い葉酸ですが、妊娠中以外でも摂取することで様々な健康効果を得ることができます。葉酸を計画的に摂取し、健康的な身体を維持しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加