話題・時事ネタ

2016/09/12

小規模保育所、都市部での待機児童解消に期待

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

小規模保育所、都市部での待機児童解消に期待

小規模保育所とは

0~2歳児までを対象とした定員6~19人の保育施設。昨年4月の法改正で認可事業となりました。

すべての保育職員に保育士資格が求められる認可保育所とは違い、2分の1以上の職員が保育士であれば認可の対象となります。

比較的小さい面積で設置できるのが利点で、土地や建物の確保が難しい都市部において、待機児童の解消に大きな役割を果たすことが期待されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加