女性の身体

2016/09/12

あなたにとっての「理想の体型」とは?

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

あなたにとっての「理想の体型」とは?

スラリと伸びた美脚…
「これしかないの!?」という小顔…
それでいて、バランスがとれたプロポ-ション…
女性なら誰しも「ウラヤマシイ!!」という体型なのかもしれません。
株式会社ディーエイチシーが、20〜30代の女性500名を対象に行った「理想の体型」に関する調査を見つけました(2015年7月21日~7月22日)。
詳しく見てみましょう。

自分の体型に「満足」している?

顔や背の高さなどの体格、その人を形作っているパーツは、両親から受け継ぐ遺伝子に依る部分が大きいのですが、「理想に近づきたい」として、努力を惜しまない女性は多いですよね。
まず女性たちに、「あなたは自分の体型に満足していますか?」と質問したところ、「満足している」と答えた女性は全体の9%と1割未満。90%以上の女性は、自分の体型に何らかの不満を持っているようでした。
「自分の体型に対しての評価点数」を100点満点で聞くと、平均は「48.3」点。
決して高すぎず低すぎず…というこの結果は、やはり気に入る部分はあるけれど気に入らない部分も相応にある、ということのようです。

現代女性が思う「理想の体型」

「あなたが理想とする体型はどのようなものですか?」と質問したところ、上位3位は以下のような結果となりました。
1位「しなやかな筋肉のついたスレンダーなカラダ」49%
2位「全体的に細くて華奢なカラダ」21%
3位「グラマラスでセクシーなカラダ」17%
「しなやかな筋肉のついたスレンダーなカラダ」という回答が半数近くを占めるこの結果、現代女性たちはただ「やせ願望」を持っているのではなく、健康的で美しい体型を意識しているようです。
この理想体型を目指すうえでやはり欠かせないのが「筋肉を鍛えること」。本調査でも9割以上、大多数の女性が筋肉を鍛えることの重要性を感じているという結果が出ています。しかし、しなやかな筋肉のつけ方となると、ハードルが高そうです。
実際女性たちが、「筋肉を鍛えるために、具体的に実践していることはありますか?」という質問の回答で多かったのは、以下の3つでした。
「実践していることがあり、成果につながっている」12%
「実践しようとは思っているが、できていない」46%
「実践していることがあるが、成果につながっていない」20%

「しなやかな筋肉」づくりに必要なのことは?

トップモデルや女優、アスリートなどへの指導実績も多いことで知られるパーソナルトレーナー・横手貞一朗さんは以下のように語っています。
『しなやかな筋肉をつくりあげるには、食事と運動の両方に気を使うことが大切です。バランスのとれていない食事は、体にストレスを与えるだけでなく、せっかくトレーニングをしても、その効果を十分に得られなくなってしまいます。
また、柔軟性がなく筋肉の可動域が狭いままトレーニングを続けても、凝り固まった体では効果が隅々まで行き渡らず、バランスの悪い体型になってしまいます。バランスのよい食事をとり、さらに凝り固まった体の隅々の毛細血管まで酸素や栄養素が行き渡るよう、バランスのよいトレーニングをすることで、さらなる相乗効果が期待できます』

つまり、いきなり食事制限をしたり激しい運動を課すのはNG。
今の自分の食生活をしっかり見直して、タンパク質、脂質、炭水化物、食物繊維などがきちんとそろっているかチェックしましょう。さらに、普段自分があまり動かさない体の部分を意識して、徐々に動かしていけるような運動を併用するのがいいのですね。 この秋、理想の体型に向けて、あなたも取り組んでみませんか?

[調査概要]
・調査名:「理想の体型」に関する調査
・調査期間:2015年7月21日(火)~7月22日(水)
・調査対象:20~30代女性500名(年代別に均等割付)
・調査方法:インターネット調査
<参考・調査出典>
株式会社ディーエイチシー 『自分の体型に満足している女性はたったの「1割未満」! 女性たちの「理想の体型」徹底調査! 1位は「しなやかな筋肉のついたスレンダーなカラダ」』
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000011757.html

<執筆者プロフィール>
執筆:Mocosuku編集部

【関連記事】
「寝る前に食べると太る」のは、こういう理由
反・セルライト! キレイなお尻のつくりかた
「やせすぎ」はもう古い? 美しさと若さを保つには


  • このエントリーをはてなブックマークに追加