子供の心

2015/02/01

毎日爪を気にする子供。何か心に不安を抱えているの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

毎日爪を気にする子供。何か心に不安を抱えているの?

爪をこまめに切って整えておくことは、衛生上とてもよいことです。しかし短くしすぎると、ばい菌が入り炎症を起こしたりすることも。小学5年生の子供が伸びてもいない爪を毎日切るという行為に対し、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

子供の爪についての相談:「子供が毎日のように爪を切る。理由がわからず心配です」

小学校5年生の娘が毎日のように爪を切っていて、深爪の様になりとても痛そうで見ていられません。長くもないのに毎日爪を切る行為は、何か精神的な原因があるのでしょうか。娘に聞いても理由を教えてはくれません。爪の切りすぎは良くないですよね?ばい菌が入らないか心配です。親としてどう対処すればよいのか教えてください。(40代・女性)

爪を切りすぎると身体によくないことを伝えてみて

子供なりに何か理由があるのかもしれませんが、爪を切りすぎると炎症を起こすこともあります。深爪の危険性などについて、わかりやすく説明してあげてはいかがでしょうか。

短かくしすぎると爪で覆われていた皮膚が露出され、痛みや巻き爪の原因になります。足だと指先に力が入りにくく、歩行や運動に支障をきたす場合も。インターネットなどで、爪を切りすぎた際の症状が写真で掲載されているので、そういう資料をみせて切りすぎはよくないことを教えてあげるのもよいでしょう。(看護師)
あまり短く切りすぎると爪の周囲に炎症を起こすことがあり、場合によっては医療機関での治療が必要になることも。9才だとある程度の理解力はあると思うので、深爪の危険性を伝えてみるのも1つの方法です。もし、爪先の黒い汚れが気になるということなら、爪ブラシを使用されると良いと思います。(小児科看護師)

心に不安があると、意味もなく爪を触ったりすることも

ストレスや不安を強く感じると、爪を触る子供は少なくないようです。この場合あまり注意せずに、何か不安に思っていることがないか子供の周辺を観察することも必要です。

親が言い過ぎて子供が気にしている可能性もあります。また、自分が気づかないうちに爪を切ることでストレスを発散していることもあるので、一度言うのを止めて様子を見てはいかがでしょうか。その間、子供の周りでストレスになっている要因はないかを探ってみてください。(内科看護師)
緊張や不安など心理的に不安定だと、緊張を和らげる手段として爪を触ってしまうことがあります。理由がなく爪を必要以上に触ってしまう場合は、心的な問題が絡んでいる可能性もあるため、あまり本人に注意しすぎず不安の原因を見つけて取り除くことが必要です。場合によっては学校の心理士や、病院の児童心理士に相談した方が良いこともあります。(小児科看護師)
爪で友人を傷つけてしまった、爪が長いのは好ましくないと思っているなど何か原因があるかもしれません。もし何か理由があるなら、一緒に対処法を見つけることが一番良い方法なので、さりげなく本人に聞いてみるのもよいでしょう。(小児科看護師)

爪が原因で何かトラブルがあったなど、言い出しにくいことがあるのかもしれませんね。しかし特に理由もなく爪を切り続けるなら、不安やストレスが原因ということも考えられると、看護師さんは説明しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加