妊娠後期

妊娠後期に入り胃がムカムカ。またつわりが始まった?

妊娠すると頭痛や吐き気など、つわりに苦しむ妊婦さんは多いですね。いったん治まったつわりですが、妊娠後期に入り胃がムカムカし、またつわりが始まったのではと悩む相談者の方ですが、看護師さんたちは何と答えているのでしょうか。

胃の不快感についての相談:「妊娠後期に入り、胃が気持ち悪く眠れません」

妊娠初期は吐き悪阻がひどかったのですが、妊娠6カ月を過ぎてからはだいぶ楽になりました。ですが、妊娠9カ月になってお腹が大きくなり、胃が圧迫されとても苦しいです。物を食べるとムカムカし、夜寝る時も胸焼けがひどくて全く眠れず辛いです。後期になってまたつわりが始まったのでしょうか。胃のムカムカを抑える方法と、気をつけた方がよい食べ物があれば教えてください。(20代・女性)

寝る時は、食事のあと少し時間をあけてから

どんどん大きくなるお腹のせいで、胃が圧迫されて胃液が逆流しているのかもしれません。食事のあとは少し時間を置き、胃の中のものが消化されてから寝るようにしましょう。

寝ている時にムカムカするのは胃酸が多く、まだ胃に食べ物が残っている証拠です。寝る2時間前には食事を済ませ、きちんと胃の中の消化活動を終えてから寝るようにするだけでも吐き気は楽になるはずです。(内科看護師)
妊婦帯や、赤ちゃんが大きくなることで胃が圧迫され、胃液が逆流しているためと思われます。出産日が近づき赤ちゃんが下にさがってくれば、改善されるでしょう。寝る時は食後しばらく経ってからにし、上向きではなく横向きになるようにしましょう。右側を下にすると、胃の動きがよくなり楽になります。(産科看護師)

食事は何回かに分けて食べよう!

1回の食事量を少なくして、食べる回数を増やすようにするとよいでしょう。脂っこいものや刺激物を避け、軽い運動などを取り入れると胃腸の動きを助けてくれます。

食事中は妊婦帯を緩めておくとよいでしょう。食べ物は1回量を少な目にすること、特に夕食は高脂肪や脂っこいものを控え、野菜を中心にあっさりした消化のよいものを摂るようにしてください。普段の家事に加え30分程度の散歩や軽い運動を行うと、胃腸の動きもよくなり、陣痛を促すことにもなります。ムカムカするときは妊婦帯を緩めて、しばらく座って様子をみてください。(産科看護師)
食事を一度に多く食べると胃が圧迫され、早く食べ物を消化しようとして胃が過度に動くので、尚更吐き気が酷くなります。妊娠でお腹が圧迫されるため、特に胃下垂の人は妊娠後期に吐き気が起こりやすいです。食事を分割して1回量を減らし、食べる回数を増やすようにして、刺激のない消化の良い物を摂るようにしてください。(内科看護師)

妊娠後期の胃のムカムカは、つわりではなく胃が子宮に圧迫されることが原因で起こるようです。できるだけ食事を小分けにし、軽い運動などで胃腸の動きをよくしてあげるとよいと、アドバイスをいただきました。


2015/02/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)