葉酸の効果

2016/09/15

生理不順に効果的な葉酸などのビタミンBとその他の栄養素

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

生理不順に効果的な葉酸などのビタミンBとその他の栄養素

生理不順はその多くがホルモンバランスの乱れにより引き起こされるため、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンB群の摂取が症状の改善に効果的です。今回は生理不順に効果的な葉酸などのビタミンB群とその他の栄養素について解説します。

生理不順とは?

規則正しいサイクルで生理が来ない状態を生理不順といいます。生理周期は前回の生理が始まった日から次に生理が始まる前日までの日数のことで、25~38日の間であれば正常の範囲内です。この期間より、短い場合や長い場合は生理不順です。その他、生理期間が極端に長い場合なども生理不順になります。主な生理不順は以下の通りです。

◆稀発月経・・・39日以上間が空く生理
◆頻発月経・・・生理周期が24日以下のサイクルで起こる生理
◆過長月経・・・生理期間が1週間を超えて続く生理
◆過多月経・・・出血量が多い、経血に塊が混じる、生理痛の症状が重い生理
◆過少月経・・・出血量が少なく、ナプキンにわずかにつく程度で終わってしまう生理
◆過短月経・・・2日以内で終了してしまう生理

生理に関わる葉酸の効果

生理不順の主な原因はホルモンバランスの乱れです。葉酸をはじめとしたビタミンB群にはホルモンバランスを整える作用があります。そのため、葉酸やビタミンB6にはホルモンバランスを整え、月経前症候群(PMS)の症状や生理痛を和らげる効果が期待できます。月経前症候群(PMS)とは生理の約1~2週間前から発生するイライラ、腹痛、頭痛などの不快症状の総称です。

生理不順に効果的なその他の栄養素

ホルモンバランスの乱れは以下の栄養素を積極的に摂ることで改善することができます。

(1)ビタミンE
ビタミンEは血行を促進し、ホルモンバランスを調整する脳の下垂体に作用し、ホルモンバランスを整える働きがあります。

(2)亜鉛
亜鉛にはホルモンの分泌量を調整する、合成を助けるなどの働きがあります。また、女性ホルモンの働きを活発にする作用もあります。

(3)鉄分
鉄分不足は貧血の原因になります。鉄分不足により生理不順を引き起こす場合もあるため、鉄分を積極的に摂取することで生理を再開させるケースもあるようです。

(4)イソフラボン
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンは生理不順に効果的な栄養素の一つです。

ホルモンバランスの乱れにより引き起こされる生理不順は、葉酸をはじめとするビタミンB群やイソフラボンなどを摂取することで改善できる可能性があります。生理不順に悩んでいる方は食生活の見直しから始めてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加