葉酸の効果

2016/09/15

妊婦以外にも効果アリ!?葉酸の知られざるパワー

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊婦以外にも効果アリ!?葉酸の知られざるパワー

ビタミンB群である葉酸は、厚生労働省により妊娠中の積極的な摂取が推奨されている栄養素です。しかし、葉酸は妊婦以外にも役立つ効果が沢山あります。今回は妊婦以外にもおすすめできる葉酸の様々な健康効果について解説します。

妊婦以外にも役立つ葉酸

葉酸は核酸の生成を助け、細胞分裂や赤血球の細胞の生成に関わる栄養素です。胎児の神経管閉鎖障害の発症のリスクを軽減する効果が期待できることから厚生労働省により妊婦への積極的な摂取が勧められています。しかし、葉酸の健康効果は妊婦以外にもあります。まずは産後についてです。

出産後も赤ちゃんは活発に細胞分裂を続けています。授乳期にママが葉酸をしっかり摂ることで母乳から赤ちゃんにその成分が届き、健やかな発育を促すことができます。授乳期に赤ちゃんの葉酸が不足すると、発育に遅れが生じることもあるため注意が必要です。

月経前症候群の症状を和らげる効果も

女性に嬉しい葉酸の健康効果として注目されるのが、月経前症候群(PMS)の症状を和らげる効果です。葉酸をはじめとしたビタミンB群にはホルモンバランスを整える作用があるため、生理の約1~2週間前に起こる腹痛やイライラ、頭痛などの不快症状を緩和する効果が期待できます。

貧血を予防したい時はビタミンB12と共に摂取すると効果的

葉酸は赤血球の生成にも関わっているため、不足すると悪性貧血を引き起こしてしまうことがあります。葉酸不足により発症リスクが高まる悪性貧血は巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)です。巨赤芽球性貧血は骨髄の赤芽球が大きくなることで赤血球も大きくなり、貧血が起こるものです。予防するためには葉酸、そして葉酸と同じく赤血球の生成に関わっているビタミンB12の摂取が効果的です。

動脈硬化を予防するため様々な病気予防にも効果がある

アミノ酸の一種であるホモシステインが血液中に増えると動脈硬化を引き起こします。葉酸にはホモシステインの血中濃度を低下させる働きがあるため、動脈硬化を予防することができます。動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中、狭心症、腎硬化症などの病気に関わりがあるため、葉酸を摂取することでこれらの病気を予防する効果が期待されています。動脈硬化の予防にはビタミンB12、ビタミンB6と共に摂取することがすすめられています。

妊娠中に摂取するイメージが強い葉酸ですが、妊婦以外の方でも摂取することで様々な健康効果が期待できます。葉酸を飲んで様々な病気や症状を予防しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加