体重管理

妊娠中の体重増加…どうしたらいい

妊娠中の体重管理はむずかしいものです。今回は体重が増えて困っているプレママからの相談です。間食も少なくなってきたのに今まで以上に体重が増えているという彼女。専門家はどんなアドバイスを送ってくれたでしょうか?

プレママからの相談:「どうしたら体重増加をおさえられますか?」

妊娠31週目です。4回目の妊娠ですが、今まで以上に体重が増えています。これまで間食が多かったり変な時間に食べたりと不規則だったのですが、年齢とともにお菓子もあまり食べなくなりました。にも関わらず、体重増加がとまりません。妊娠中のダイエットはよくないと聞きますが、せめて体重の増え幅を少なくしたいです。小さい子がいて家でゴロゴロしているわけでもないのですが、体重増加を抑える方法を教えてください。(30代・女性)

体重増加には運動が効果的。家事だけでなく散歩やウォーキングを取り入れて。

これまでの家事や育児にくわえて、軽い運動を始めるのがやはりよいようです。散歩やウォーキングを取り入れて、という声があがりました。

体重の増加を抑えるには、運動が一番効果的だと思います。家事や育児でも動いているでしょうが、持続した運動は大切です。脂肪を燃焼させるにはウォーキングをしましょう。家事の合間にしっかり休養をとり、しっかりウォーキングするのが理想的です。(一般内科看護師)
ふだん身体を動かしている妊婦さんの摂取カロリーは2000~2200kcalですから、妊娠前に比べてさほど多くありません。目安にしてください。(産科・婦人科看護師)
今までの家事にくわえ、できれば散歩や軽い体操がオススメです。お子さんのお世話でも身体を動かしていると思いますが、体調のいい時は運動量を増やしてみてください。(産科・婦人科看護師)

食生活の見直しも心がけて。内容や量をチェックすることが大切。

運動だけでなく、食生活の見直しも大切というアドバイスもありました。間食の回数や量は少なくてもカロリーが高いものを食べていては意味がありません。何を食べているかをチェックし、カロリーが低いものを選んで食べるのがよいようです。

この時期はダイエットや激しい運動はできませんので、食事の内容を見直しましょう。間食はやめ、食事の量は控えめにし、脂っこいものは避け、よく噛んで食べましょう。(産科・婦人科看護師)
小腹がすいたらおやつがわりに野菜をゆでて冷凍したものを食べてください。海藻やキノコ、低カロリーのクラッカーなどもオススメです。(産科・婦人科看護師)
間食が少ないからと安心せず、毎食の内容や量などをチェックしましょう。栄養のある食品を選びつつ、野菜や海藻類を多めに摂取することで体重増加を予防できると思います。(一般内科看護師)

食べたカロリーに対して消費するカロリーが少なければ、どうしても体重は増えていきます。何を食べたかチェックし、食べた分をしっかりと燃焼させるのがよいようです。ふだんの家事や育児にくわえて、散歩やウォーキングといった軽い運動を取り入れていきましょう。


2015/02/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)