葉酸欠乏

2016/09/15

貧血などを引き起こす葉酸欠乏の原因とは?妊娠中、授乳期の葉酸の不足について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

貧血などを引き起こす葉酸欠乏の原因とは?妊娠中、授乳期の葉酸の不足について

葉酸は赤血球を作るために必要な栄養素です。ビタミンB12と共に体内で様々な役割を果たします。また、細胞分裂を促す作用もあり、妊娠中や授乳期においては普段以上に必要となります。不足すると母体のみならず、胎児の発達への影響すると言われています。今回は、葉酸が不足する原因について解説します。

葉酸が不足する原因

葉酸の働きには、タンパク質や細胞をつくるために必要なDNAなどを合成する働きがあります。また、赤血球の細胞の形成を助けたり血液をつくる働きもあります。葉酸は身体に貯蓄しておくことができず、絶えず摂り続ける必要があります。
また、葉酸は調理中に失われやすいです。そのため、食事から葉酸をとることはもちろん、栄養補助食品やサプリメントを活用して摂る方法もあります。

葉酸欠乏により現れる症状

葉酸欠乏の状態に陥ると、巨赤芽球性貧血という赤血球が正常に生産されなくなる症状が現れます。
葉酸の不足により、自身に様々な症状が現れるだけでなく、妊婦さんにとっては胎児の活発な細胞分裂にも影響を及ぼすために特に必要な栄養素となっています。妊娠初期から授乳期にかけて葉酸が不足してしまうと、胎児へ身体的な障害が残る二分脊椎症などの神経管閉鎖障害が起こりやすくなる場合があると言われています。
妊娠中や授乳期は妊婦さん自身の必要量だけでなく赤ちゃんの成長・発達を促す分の葉酸も必要となります。

葉酸の摂取は、非妊時の女性の推定平均必要量は200μg/日、推奨量は240μg/日であるのに対し、妊婦の場合、推定平均必要量に+200μg/日、推奨量も+240μg/日と言われています。
また、厚生労働省では、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性のある女性は400μg/日摂取するよう推奨しています。

食事による葉酸の摂取について

葉酸は次の食品に多く含まれています。

(1)野菜類
ほうれん草、モロヘイヤ、芽キャベツ、ブロッコリー
(2)果物類
マンゴー、ネーブルオレンジ、いちご、りんご
(3)その他
牛レバー、焼きのり

<まとめ>

葉酸は、特に妊娠中の方は赤ちゃんの発達のために多く必要とし、不足すると赤ちゃん胎児への影響もあると割れていますので、十分に摂取したいです。
葉酸を多く含む食材を積極的に摂取すると共に、栄養補助食品やサプリメントを上手に活用するとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加