葉酸をサプリメントでとる

2016/09/15

正しく選ぼう。葉酸サプリのおすすめの選び方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

正しく選ぼう。葉酸サプリのおすすめの選び方

妊娠中は葉酸を積極的に摂取することが推奨されています。しかし、食べ物から葉酸を摂ろうにも調理過程で失われてしまうため、摂取量の目安を満たすことが困難です。葉酸サプリは手軽に摂取量を補うことができます。今回は、葉酸サプリのおすすめの選び方について解説します。

葉酸サプリは吸収率が比較的高い

葉酸は食品に含まれるポリグルタミン酸と、サプリに使用されるモノグルタミン酸に分類されます。食品に含まれる葉酸はポリグルタミン酸で、熱を加える、水に晒すことで成分が減少します。また、摂取後は体内でモノグルタミン酸に変化してから吸収されるため、摂取量の約50%しか吸収されません。それに対しモノグルタミン酸の吸収率は85%と比較的高いです。

天然のモノグルタミン酸がおすすめ

葉酸サプリに使用されているモノグルタミン酸には、天然のものと化学合成されたものがあります。天然のものは、ポリグルタミン酸をモノグルタミン酸に変化させて作られます。それに対し化学合成された葉酸は石油や化学薬品由来で、妊娠中に摂取すると新生児が喘息になるリスクが高まるといわれているため、天然の葉酸サプリを選ぶことが大切です。

適切な含有量の葉酸サプリを選ぼう

妊娠していないときには1日240μg、妊娠1カ月前~妊娠3カ月までは400μg、妊娠中期以降は480μgが摂取量の目安です。妊娠中に飲む葉酸サプリは1~2粒で400μgのものを選びましょう。極端に含有量が少ない葉酸サプリだと、摂取量の目安を補うために大量の摂取が必要になります。

無添加の葉酸サプリの注意点

無添加であることをアピールしている葉酸サプリがあります。しかし、無添加が高品質で安全だという証明にはなりません。また、無添加のものはアレルギーのリスクを高めることが懸念されます。有害物質や不純物の除去が不完全であるために健康被害を起こす可能性も否定できません。

「無添加」の表記は添加物が一切使用されていないものだけではなく、着色料や防腐剤のみ使用されていないものにも表記されることがあります。ラベルに記載された原材料を必ず確認しましょう。

<まとめ>
食品だけで葉酸の摂取量の目安を満たせない場合はサプリで補いましょう。新生児への健康被害の心配が少ない天然もののサプリを選ぶことが大切です。無添加のものが高品質で安全だとは限らないので、注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加