葉酸をサプリメントでとる

2016/09/15

推奨量を補える!葉酸サプリの効果と摂り方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

推奨量を補える!葉酸サプリの効果と摂り方

葉酸は、妊娠を考えたら飲み始めることをオススメします。これは、葉酸が胎児の成長によい影響を与えるためです。母体と胎児の両方によい影響を与えてくれるので、継続して飲みましょう。今回は、葉酸サプリの効果と飲み方について解説します。

葉酸に期待できる効果

葉酸には次のような効果があります。

(1)造血作用による貧血予防
(2)細胞の再生を促すことによる免疫機能や消化機能の維持
(3)動脈硬化を引き起こす成分の血中濃度を下げて心臓疾患や高血圧を防ぐ
(4)ホルモンバランスを整え月経前に起こる精神症状や身体症状を和らげる

妊娠を希望しているときに飲むことによる効果

妊娠を希望しているときに葉酸サプリを飲むことで、次のような効果を得られます。

(1)子宮内膜を強化し着床しやすい環境を整える
(2)胎児の細胞分裂を促し健やかな成長をもたらす
(3)胎児の神経管閉鎖障害などの先天性異常を防ぐ

胎児の神経管が作られる妊娠4週頃に葉酸が不足すると、神経管の一部が閉鎖せず脊椎が露出する場合があります。出産後に手術で治療を行いますが、下肢の排泄機能障害や運動障害が残る恐れがあります。また、背中よりも上部に神経管閉鎖障害が現れると、脳に欠損や収縮が起こる無脳症になるため、葉酸不足に注意が必要です。

効果を発揮するために必要な摂取量

葉酸サプリを飲むことによる効果を発揮するためには、1日の摂取量の目安を守る必要があります。妊娠前の成人は1日に240μg、妊娠初期は400μg、妊娠中期以降は480μgが摂取量の目安です。サプリには食品に含まれているものよりも吸収率が高い葉酸が使われているため効率的に摂取できます。

また、1日の摂取量の上限は20代で900μg、30代で1000μgです。葉酸サプリは1粒200~400μgのものが多く、20代だと2粒飲むだけで過剰摂取になる場合があり、発熱や蕁麻疹、呼吸障害などが起こる可能性があります。

抗てんかん薬を服用中は葉酸の吸収率が低下し、欠乏する場合があります。妊活中の場合は葉酸サプリを服用して胎児の先天性異常を防ぎましょう。ただし、過剰摂取になる恐れがあるため必ず医師に相談した上で摂取量を決める必要があります。

<まとめ>
葉酸サプリには食品から摂れる葉酸よりも吸収率が高いものが使用されています。そのため、より効率的に葉酸を摂取できます。母体と胎児の両方に効果があるため、妊活中は極力葉酸サプリを飲みましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加