葉酸をサプリメントでとる

2016/09/15

いつまで必要?葉酸サプリを飲む期間は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

いつまで必要?葉酸サプリを飲む期間は?

食品に含まれている葉酸は吸収率が低いため、吸収率が高い葉酸サプリで補いましょう。妊活中だけではなく妊娠中や出産後も葉酸サプリを飲むことで様々な効果を得られます。今回は、葉酸サプリをいつまで飲めばよいのか摂取期間の目安について解説します。

妊活中に葉酸サプリを飲むメリット

妊娠4週目には胎児の神経管が生成されます。この時点で葉酸が欠乏していると細胞分裂に異常をきたし、神経管が閉鎖せずに脊椎が外部へ飛び出る神経管閉鎖障害のリスクが高まります。妊娠していない成人女性は1日に240μg、妊活中の方は400μgが摂取量の目安です。

ほうれん草には100gあたり110μgの葉酸が含まれています。葉酸を含む食品の中では含有量が多い部類ですが、それでも290μg足りないためサプリで補う必要があります。

妊娠中期から後期にかけて得られるメリット

妊娠中期以降にも葉酸サプリの摂取を続けることで、次のようなメリットを得られます。

(1)貧血の予防
葉酸は赤血球を作る働きがあり、不足すると巨赤芽球性貧血を起こします。動悸や息切れなど貧血の症状に加え、食欲不振や悪心などが現れる場合があります。

(2)免疫力や消化機能を維持する
細胞分裂に欠かせない葉酸が不足すると、免疫力や消化機能が低下します。

(3)心疾患や高血圧の予防
ホモシステインという成分の血中濃度が上昇すると、動脈硬化による高血圧や心疾患のリスクが高まります。葉酸には、ホモシステインの血中濃度を下げる働きがあります。

(4)月経前症候群の緩和
月経前には、ホルモンバランスが崩れることでイライラや頭痛などの症状が現れます。葉酸には、ホルモンバランスを整え、これらの症状を緩和させる効果があります。

いつまで葉酸サプリの摂取が必要なのか

葉酸サプリは授乳が終わるまで摂取し続けましょう。母乳は血液から作られるため、造血効果がある葉酸を摂取することで母乳の分泌を促せます。そして、細胞分裂を促す効果により出産でダメージを受けた子宮の回復を促すこともできます。授乳期には1日あたり340μgの葉酸を摂取しましょう。

授乳を終えてからも摂取を続ければ、免疫力や消化機能の維持や心疾患、貧血などの予防などの効果を得られます。

<まとめ>
葉酸サプリは妊活を始める際に飲み始め、妊娠と出産を経て授乳が終わるまで摂取し続けましょう。それぞれの時期に合わせて適切な量を摂取することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加