葉酸をサプリメントでとる

2016/09/15

自分に適したものを選ぼう!葉酸サプリの比較方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

自分に適したものを選ぼう!葉酸サプリの比較方法

葉酸サプリは種類によって、含有量や葉酸の種類、添加物の有無などが異なります。妊娠の有無や食生活などから自分に適した葉酸サプリを選びましょう。胎児に悪影響が及ぶ恐れがある葉酸サプリもあるため注意が必要です。今回は、葉酸サプリの比較方法について解説します。

含有量を比較してから選ぶ

葉酸サプリの含有量は200μg~400μgのものが多いです。妊娠していないときの1日の摂取量の目安は240μg、妊娠前から妊娠3カ月までは400μg、妊娠中期以降は480μgです。妊娠していない場合は1粒200μgのものを選びましょう。

妊娠前から出産までは1粒400μgのもので構いませんが、普段から葉酸を多く含む食事を心がけている場合は、200μgのものの方が摂取量を調整しやすいです。

天然か化学合成のものかで比較

葉酸にはポリグルタミン酸とモノグルタミン酸があります。サプリに含まれている葉酸はモノグルタミン酸です。モノグルタミン酸には天然ものと石油や化学薬品を化学合成し作られたものがあります。化学合成されたものを妊娠中に飲むと、新生児が喘息を起こすリスクが高まるといわれているため、妊娠中は天然ものの葉酸サプリを選びましょう。

添加物の有無で比較

合成添加物や保存料などは肝臓で解毒されるため、体内に蓄積して悪影響を及ぼすことはありません。しかし、胎児は肝臓の機能が低いため、このような不純物による悪影響を受けやすいです。妊娠中に葉酸サプリを飲む場合は、合成添加物や保存料が不使用のものを選びましょう。

保存料や着色料などが1つでも不使用であれば「無添加」と表記できます。そのため、具体的に何が無添加なのか確認が必要です。保存料や着色料など全ての添加物が不使用の場合は「完全無添加」や「添加物を一切使用しておりません」などと明記されています。

添加物の有無で葉酸サプリの効果が変わることはありません。また、無添加が安全だとは限りません。添加物を使用しないために有害物質や不純物を完全に除去できておらず、身体に悪影響が及ぶことが懸念されます。

葉酸以外の成分の有無

葉酸サプリには、カルシウムや鉄分などが含まれているものがあります。カルシウムは胎児の成長に関わる重要な栄養素です。鉄分は妊娠中に起こりやすい貧血予防に役立ちます。このような妊娠中に積極的に摂ることが望ましい栄養素が含まれたものを選びましょう。

<まとめ>
葉酸サプリを比較する際には、含有量や製造方法、添加物の有無などを確認しましょう。無添加のものが必ずしも高品質で安全だとは限りません。飲む時期に合わせ適切な葉酸サプリを選びましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加