葉酸の効果

2016/09/15

妊活の必須栄養素、葉酸~男性に役立つ効果~

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊活の必須栄養素、葉酸~男性に役立つ効果~

葉酸とは妊活を行ううえで、積極的に摂りたい栄養素の一つです。葉酸は胎児の先天異常発症のリスクを軽減する効果があるため、女性が積極的に摂取するイメージがありますが、男性も摂取することで妊活に役立つ効果が得られるようです。今回は男性に役立つ葉酸の効果について解説します。

妊活に役立つ葉酸とは?

葉酸はビタミンB群の一種であり、妊活中から妊娠、授乳期にかけて積極的に摂取したい栄養素の一つです。これは葉酸に以下の効果が期待できるためです。

◆貧血予防
◆つわりの軽減
◆受精卵を着床しやすくする
◆赤ちゃんの発育を助ける(妊娠中、出産後共に)
◆胎児の先天異常予防

葉酸は以下の食品に多く含まれていますが、水に溶けやすく加熱調理により食品が本来持っている葉酸が減るため、食品から効率よく摂取することが困難です。そのため、サプリメントなどの補助食品からの摂取が推奨されています。

◆レバー
◆うに
◆いわし
◆卵
◆枝豆
◆モロヘイヤ
◆パセリ
◆芽キャベツ
◆菜の花
◆焼きのり
◆わかめ
◆干ししいたけ
◆ごま
◆くり
◆ライチ

男性が葉酸を摂取することで期待できる効果

妊活において葉酸は女性が摂取するものというイメージが強いですが、男性も葉酸を摂取することで妊活に役立ちます。男性における葉酸の効果はカリフォルニア大学バークレー校のブレンダ教授の研究により明らかになりました。

健康的な男性の場合でもその精子のうち約1~4%は染色体異常が起こります。ブレンダ教授はこの研究で葉酸を摂取した場合、そうでない時と比べ、精子の染色体異常が約20%軽減されるという調査結果を発表しています。男性が葉酸を摂取することで受精の確率を高めるだけでなく、奇形児が生まれるリスクを軽減する効果も期待できます。

女性の場合、妊娠時は通常よりも多くの葉酸摂取が勧められていますが、男性の場合は特に妊活中だからといって摂取量を増やす必要はありません。1日200μgを目安に毎日欠かさず摂取しましょう。上記の効果を期待する場合は、遅くても妊娠を希望する3カ月前から意識的に葉酸を摂取し、体質改善に努めましょう。

男性ができるその他の妊活

男性ができる妊活は葉酸の摂取だけではありません。

(1)十分な睡眠
ストレスや疲れが溜まっていると質の良い精子は作られません。アロマオイルを用いる、ゆっくりと湯船に浸かるなどしてリラックスした状態で早めに布団に入りましょう。疲労回復に役立つ成長ホルモンは眠りが深ければ深いほど分泌量が多くなります。ホルモンの分泌は寝始めてから3時間までの間に特に活発になるため、眠くない場合でも布団に入り、目を閉じて深い眠りに入れるように努めましょう。

(2)亜鉛の摂取
亜鉛は男性ホルモンや精子の生成に関わりがある栄養素です。亜鉛が不足すると精子の量が減り、生殖機能が低下してしまいます。亜鉛は以下の食品に多く含まれており、1日の摂取量の目安は15mgです。葉酸と共に積極的に摂取しましょう。

◆牡蠣
◆豚レバー
◆ホヤ
◆牛肉
◆蟹
◆卵
◆はまぐり
◆いかなご
◆たらこ
◆ラム肉
◆マトン肉

葉酸は精子の染色体異常を軽減する効果があるため、女性だけでなく男性も積極的に摂取したい栄養素です。妊活をする場合は夫婦で葉酸を摂取しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性にも必要な葉酸について…あわせて読みたい

妊活中の男性が葉酸を摂取するメリット