葉酸の効果

2016/09/15

妊娠初期は特に必要!葉酸の効果と副作用

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠初期は特に必要!葉酸の効果と副作用

妊娠中は自分の体調管理と胎児の成長のために、さまざまな栄養素が必要になります。特に葉酸は妊婦に欠かせない栄養素といわれています。ここでは、葉酸が妊娠初期の妊婦に与える効果や副作用について説明します。

葉酸は妊婦に欠かせない大切な栄養素

妊婦が摂取した方が良いとされる栄養素のひとつに、葉酸が挙げられます。葉酸はビタミンB群の一種であり、貧血予防や細胞分裂を促進させる効果があります。妊娠初期の妊婦は貧血が起こりやすく、胎児にとって脳や神経がつくられる大切な時期なので、葉酸が不足しない食生活を心がけると良いでしょう。厚生労働省では、正常な妊娠を希望する場合は妊娠前から葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸は妊娠初期の先天異常を防ぐ効果も

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児に「神経管閉鎖障害」という異常が発生しやすいと考えられています。神経管閉鎖障害とは、妊娠7週目までにほぼ形成される中枢神経系(脳や脊髄)が正常に形成されず「無脳症」や「二分脊椎(にぶんせきつい)」を引き起こす先天異常です。
無脳症になると、脳の欠損や発育不全により流産・死産のリスクが高まり、二分脊椎になると、脊椎が外に飛び出し赤ちゃんの歩行や排泄の機能に障害が発生しやすくなります。

葉酸には、このような先天異常のリスクを軽減させる効果があるため、特に妊娠初期は意識的に摂取しましょう。

副作用のリスクを高める過剰摂取に要注意

葉酸は水に溶けやすい水溶性のビタミンなので、体内で消費しきれない場合でも尿と共に排泄されます。葉酸は体内に蓄積しておけないため毎日摂取する必要がありますが、過剰に摂取すると副作用のリスクが高まると指摘されています。

葉酸の過剰摂取による副作用としては、主に以下のような症状があります。
・ 食欲不振
・ 吐き気
・ むくみ
・ 不眠症

他にも、発熱やかゆみ、蕁麻疹などの「葉酸過敏症」や、ビタミンB12欠乏症の発見を遅らせてしまうといった副作用を引き起こす可能性があります。

厚生労働省では、1日あたりの葉酸の摂取量の上限を、20代女性は900μg(マイクログラム)、30代女性は1,000μgとしています。葉酸は通常の食生活では過剰摂取することはほとんどありませんが、サプリメントを利用する場合は摂取しすぎないよう注意しましょう。

<まとめ>

ビタミンBの一種である葉酸は、妊婦が積極的に摂取した方が良い栄養素として厚生労働量が推奨しています。葉酸が不足すると、胎児の先天異常や流産・死産のリスクが高まるため意識的に摂取しましょう。また、葉酸には吐き気や不眠症などの副作用があるため、過剰摂取には注意してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加