産後の生活

2015/02/10

産後3年までの家庭の夫におすすめしたい、たった一つの「産後ケア」①

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

産後3年までの家庭の夫におすすめしたい、たった一つの「産後ケア」①

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。
私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

今日は、産後3年までの妻がいるご家庭の夫がやったほうが良い、たった一つの「産後ケア」というお話をします。

昨今、「産後」という時期に夫婦の関係が変化することは、当事者の多くが知るところとなりました。

巷では、イクメンやカジメンといった名前がささやかれ、産後クライシス、産後離婚などを避けるために、夫は育児や家事の面で妻に協力するべし! という風潮が主流になってきています。

私自身は、夫である男性がイクメン(育児に協力的)や、カジメン(家事を率先して行う)であることについて、否定するつもりはありません。

やっていただけるなら、どんどんやっていただきたいです(笑)。

ですが、もっと根本的なところで、ぜひ産後3年以内の女性に対して、やってあげてほしいこと、があるのです。

産後3年以内の夫に、ぜひやってほしいこと。それは……

「女性に、たとえ週1回でも、
【何かを完結できる時間、自分自身に集中できる時間】
を手渡すこと」

たとえば。

週1回、夫が早く帰宅して、帰宅後の子どものお世話を一人ですべてまかなう。

なんだー、そんなの俺やってるやってる!って思ったパパ、ホントにできていますか?

まず、退社。早くとは、最低でも定時退社です。20時退社を早いとは言いませんので、普段終電業務をしている方はご注意を。
(私も過去そうだったので、よくわかります^^;)

お子さんが保育園に行っているのなら、そのお迎え、一緒に買い物、夕食作り、夕食を子どもに食べさせる。そのあと食器洗って拭くまで。
お風呂に入れるのなら、子どもの着ているものを脱がせて、一緒にお風呂に入り、中では子どもの洗髪や体を洗う事、そして同時に自分のこともすべてをやって、そのあと子どもを拭いて服を着せるところまで。
寝かしつけは本を選ぶところから、読んで、明かりを消して、子どもが寝付くまでそばでじっとしている。

これを全部やる、というのが、「すべて一人でまかなう」という事なんです。

これはちょっとハードルが高いな、と思ったパパ。

では、まずは一部分でもいいですよ。お風呂だけ。食事だけ。など。

それでもハードルが高い、という方は、妻が一人でお風呂に入る間だけは、何があっても妻に声をかけないで子供の面倒を見きる、などでもいいです。

ポイントは
・男性が、最初から最後までを、自分で考えて取り仕切り、遂行する
ということです。

物事を最初から最後まで、一気通貫して自分でやろうとすると、いろんなことが必要になります。

事前の組み立て、準備、手配、配慮、そういったことをすべて頭や行動や発言で取り仕切っていかないと、物事って完結しないのです。

そこに小さな赤ちゃんが絡めばなおのこと。

ママは、昼間一人で育児に奮闘しているとき、こんなことを考えているんだな、これはあわてるな~、あー自分のことって後回しにしないといけないんだな。

全てを一人で行ったパパは、きっとそんな風にママの気持ちや姿を想像できると思います。

現代の仕事は、一人ですべてを担当することがとても少ないのですね。

会社という仕組みの中では、たくさんの人のかかわりによって、一つの事業、ひとつのプロジェクトが進んでいきます。

だから、担当部分をやりきる、それ以外を皆が手伝いあう、のは当たり前。

でも、日中一人で家で育児するママには、そのプロジェクト仲間がいないのです。

そして、この「一人ミッション」をパパが遂行してくれている時、ママがやらなければならない大切なことがあります。

実は、パパのこの「産後ケア」が本当に実りあるものになるかは、ママにかかっているのです。

それについては、次回、詳しく書いていきたいと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加