頭痛

妊娠してから続いている頭痛。原因はいったい何?

妊娠すると、今までなかった体調の変化に不安を感じる方もいることと思います。以前は頭痛など滅多になかったのに、妊娠してから軽い頭痛が続いているという相談者の方。何か問題でもあるの?と心配していますが、看護師さんたちの回答とは。

頭痛について妊婦さんからの相談:「以前はなかった頭痛。妊娠してからずっと続いています」

11週に入った妊婦です。パート勤務ですが、最近仕事中に頭痛がします。パソコンを使った事務作業や電話応対などで身体を動かすことはあまりなく、我慢できる程度の軽い痛みなので仕事に支障はありません。健診で異常はなく、血圧なども問題ないと言われていますが、妊娠前は頭痛なんてなかったので不安です。一度診てもらった方がよいでしょうか。また、妊婦でも使える痛み止めの薬はあるのでしょうか。(20代・女性)

妊娠初期の頭痛は、よくあること

妊娠初期に軽い頭痛が起こる人は結構多いと看護師さんは言っています。痛みがひどくなるようなら担当医に相談し、妊婦でも飲める痛み止めを処方してもらうとよいでしょう。

妊娠初期は生理前のような頭痛がすることが多くあります。大抵の人は安定期に入ると落ち着くので、様子を見てもよいでしょう。しかし頭痛がひどくなるようなら、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。自己判断で薬を使用すると胎児に影響する可能性もあるので、必ず医師に相談して処方してもらってください。 (内科看護師)
吐き気止めや痛み止めは妊婦さんも使える薬はありますが、自己判断で飲むのではなく、必ず主治医に相談して処方してもらってください。(産科看護師)

パソコンからの電磁波が原因である可能性も

パソコンなどの電化製品からは電磁波が発生しているので、それが頭痛の原因となっている可能性も否定できないようです。特に妊娠中は、ホルモンバランスの乱れなどで過敏に反応してしまうことも。作業中はこまめに目を休めるなど、気分転換が必要です。

電化製品から発せられる電磁波の影響かもしれません。他の電化製品からも電磁波は出ていますが、最近はパソコンを使う機会が多いため、頭痛や吐き気・眼精疲労・肩こりやめまいなどを起こす方が増えており、妊娠したことでホルモンのバランスが崩れて影響を受けやすくなったと思われます。(産科看護師)
電磁波過敏症、電磁波症候群と言われる症状だと思いますが、日本ではまだ疾患として認定されていません。対策としては、できるだけパソコンの使用時間を減らすこと、定期的に遠くを見たりして目を休めること、気分転換をすることなどがあります。(産科看護師)

頭痛の原因を断定することはできませんが、妊娠初期は同じ症状に悩む妊婦さんも少なくないようです。また、仕事柄パソコンを使う時間が長いということなら、電磁波の影響もあるかもしれません。長時間目を酷使しないように、こまめに休憩をとるなどの対策をしてみてください。


2015/02/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)