産後クライシス

2016/09/28

産後クライシスはいつまで?夫婦関係を破綻させない方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後クライシスはいつまで?夫婦関係を破綻させない方法

産後クライシスは産後2年以内に起こりやすいといわれていますが、一体いつまで続くのでしょうか?人によって大きな差がある産後クライシスの状況。産後に訪れる様々な危機を乗り越えて、夫婦関係を破綻させないために必要なコツを紹介します。

産後クライシスは女性の身体の変化と大きく関係している

産後クライシスがいつまで続くかを知るためには、まず産後のクライシスが起こる原因を理解することが大切です。産後クライシスの主な原因は、産後に起こる女性の身体の変化です。妊娠中の女性の身体は胎児を育てることを最優先としていますが、出産した途端、母乳を作り、子どもを守るための機能へと変化します。この時、女性ホルモンが激減し母性ホルモンが多く分泌されます。このように母親の身体へ変化することが、精神面にも大きな影響を与えていると考えられています。

産後に夫の事が急に嫌いになった、愛情が無くなったと感じるなど、身体の変化によってネガティブな感情が増幅されてしまうケースが多いようです。これが深刻化すると産後クライシスへと発展し、最悪の場合は離婚に至ります。夫婦関係を破綻させないために、まず女性の身体が大きく変化するという事実を夫婦で共有しておくことが欠かせません。その上で、夫婦関係を良好に保つ工夫を行ないましょう。
 

産後クライシスはいつまで?夫婦によって時期は異なる

産後クライシスは一時的なものとして捉えられていますが、一体いつまで続くのでしょうか?実際には産後クライシスの期間ははっきりと分かっておらず、個人差が大きいようです。その理由には、以下のようなものが挙げられます。

・産後数カ月間の夫の態度
・産後の女性の身体の回復度合い
・育児に対する夫婦の取り組み方
・周囲の協力や助け

産後クライシスが長引く原因として、産後数カ月間の夫の育児への協力度合いが注目されています。出産直後から女性は母親としての役割に追われ、肉体的にも精神的にも疲弊します。この時、夫や周囲の協力が十分に受けられず一人で抱え込んでしまうと、女性は極限状態に陥ってしまいます。そんな時に最も近くにいる夫が協力してくれなかったという記憶が、後々まで続くイライラや不満として残ってしまうのです。
 

夫に期待し過ぎず、自分の逃げ道を作っておこう

産後クライシスは夫婦間の問題ですが、主に女性側の負担が大きくなる傾向があるといえます。子どもを守ろうとするあまり無理をして極限状態に陥らないよう、肉体的にも精神的にも”逃げ道”を作っておきましょう。以下のような方法がおすすめです。

・1日オフの日を作る
・育児サービスを利用する
・週末だけ家政婦を雇う
・両親に子どもを預ける日を作る
・好きな物を我慢せずに買う
・ご褒美にデザートを買う
・食事の宅配サービスを利用する

まとめ
育児や家事を他人に頼むと怠けているのではないかと自己嫌悪に陥る女性が多いですが、ストレスを溜めないために利用するという意識も大切です。大切な事は、家族が仲良く健康に過ごせることです。そのためには自分自身を労ることも重要な仕事です。特に夫や両親など身内に頼めない、頼みづらい人は自分で抱え込まないよう工夫してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加