産後クライシス

離婚につながることも!産後のうつの原因と対策

待望の赤ちゃんが生まれたのに、産後に離婚率が非常に高いのはご存知でしょうか?その理由の一つが、産後のうつです。今回は、産後はなぜうつになりやすいのか、また、うつになったらどう対応すればよいのかを解説します。

産後のうつの症状と原因

産後のうつとは、出産から数カ月の間に発症し、次のような症状が見られます。

□気分が落ち込む
□涙が出てくる
□イライラする
□自分を責める
□パートナーに怒りを感じる
□食欲、性欲、睡眠欲、物欲など様々な欲がなくなる
□子どもがかわいいと思えない
□子どもを産んだことを後悔する
□頭痛
□吐き気

このような症状を引き起こす産後のうつは、特に真面目で責任感が強い人や完璧主義の人がなりやすいといわれています。では、なぜ産後にうつになってしまうのでしょうか。

女性の体内では妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増加しますが、出産するとそれが急激に減少します。このホルモンバランスの乱れが心と体を不安定な状態にし、うつの原因となっています。

出産によって変化するのは体内のホルモンバランスだけではありません。産後しばらくは外出も難しく、24時間赤ちゃんにつきっきりで家にこもることになります。この赤ちゃんと2人きりの特殊な環境も産後のうつの原因の一つです。

また、家事と育児を完璧にしなければならないと思うことがうつに繋がることもあります。一生懸命なのは良いことですが、自分で自分を追い込んでしまう、育児で何か失敗してしまった時、「自分のせいだ」「自分は母親失格だ」と自分を責めるようになってしまいます。赤ちゃんには個人差があるため、育児のマニュアル本のとおりにはなりません。頑張りすぎず、完璧でなくても良いと気軽に考えてみることも大切です。

産後にうつになってしまったら

では、産後にうつになってしまったらどのように対処すれば良いでしょうか。自分でできる対策としては、
□何もかも自分でやらずに人に頼る
□人と話す機会を作る
□時には自分の時間を作ってストレスを発散する
□日中も赤ちゃんと一緒にしっかり寝て睡眠時間を確保する
などがあります。

また、産後のうつはひどくなると離婚や子どもへの虐待につながることもあります。あまりにも症状が重い場合や長期間にわたっている場合、思い切って病院に行くことも大切です。病院ではカウンセリングを受ける、薬を処方してもらうなどをし、うつの治療を行います。

産後に離婚を決める前に

産後はホルモンバランスや環境の変化などによって女性はうつになりやすい傾向があります。しかし、このうつは一時的なものです。その時の感情や勢いで離婚を決めてしまうと、将来後悔することになります。うつで辛くて離婚したいと感じても、他の人の意見を聞いたり夫の立場になって、一度冷静に考えてみましょう。


2016/09/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事