産後クライシス

2016/09/28

産後の旦那へのイライラ!その原因は産後クライシス?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後の旦那へのイライラ!その原因は産後クライシス?

結婚したときは仲が良かったのに、子どもが生まれてから旦那さんに対してイライラすることばかり。そのように感じたことはないでしょうか。今回はこのような産後のイライラが起こる原因と、それによる夫婦の危機を防ぐための方法について解説します。

イライラの原因は産後クライシス

厚生労働省の調査によると、離婚によって母子家庭になったときの末子の年齢は0~2歳が最も多く全体の3分の1を占めているとのことで、子どもが2歳になるまでに離婚する夫婦が非常に多いことが伺えます。その大きな理由として挙げられるのが産後クライシスです。

産後クライシスとは、産後2年以内に夫婦の愛情が急激に冷え込む状態のことです。次の項目に思い当たるものはないでしょうか。
□産後、夫に対しイライラするようになった
□他人の夫と自分の夫を比べてしまう
□夫の育児の協力に対して不満がある
□産後、夫婦の会話が減った
□産後、セックスレスになっている

これらに当てはまるものがある場合は産後クライシスである可能性があります。

産後クライシスの原因

では、なぜ産後に旦那さんに対してイライラすることが増えたのでしょうか。そのような産後クライシスを起こす原因は夫婦のどちらにもあります。

まずは妻側の原因です。女性は出産によって体内のホルモンバランスが大きく変化します。そのホルモンバランスの乱れが産後クライシスの原因だと考えられています。しかも、女性は出産後、外出することも難しくなり、多くの時間を家で赤ちゃんと二人っきりで過ごすことになります。このように社会から孤立してしまったような感覚になることもストレスの原因となります。それに加え、慣れない育児による疲労と夫の協力の過度な期待を持ってしまうことも夫へのイライラにつながります。

では夫側の原因はどうでしょうか。産後の女性は、精神的にも身体的にもデリケートになっています。それに気づかず、無神経・無配慮な言動をしていないでしょうか。また、最近はイクメンブームで育児に積極的な男性も多いですが、育児に対する協力のなさや無関心さが妻をイライラさせてしまうのです。

産後クライシスの対処法

このような産後のイライラで離婚になってしまわないように、産後クライシスを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。産後クライシスの対処法は次の通りです。

□夫に手伝ってほしいことをきちんと伝える
□夫に産後クライシスのことを知ってもらう
□夫婦のコミュニケーションをしっかりとるようにする
□実家などにも頼るようにする
□家事や育児が完璧にできていなくても夫を褒めて伸ばす
□普段仕事を頑張っている夫に対して感謝の気持ちを忘れない
□他人の夫と自分の夫を比べない

旦那さんに対する産後のイライラは、ホルモンバランスの乱れや環境の変化、期待していたより夫が育児に非協力的であることなどが原因です。そんな時は「自分だけが大変な思いをしている」とただイライラしていても何も解決しません。何をしてほしいのかを言葉で伝え、夫や実家などを上手に頼ることも大切です。そして、手伝ってもらった場合感謝を伝えて夫を褒めて伸ばし、互いに助け合いながら育児を楽しみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加