産後ダイエット

2016/09/28

産後ダイエットに効果的な骨盤ガードルの選び方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後ダイエットに効果的な骨盤ガードルの選び方

出産により開いた骨盤は、産後6カ月頃までに閉じます。正しい位置に骨盤が戻らないと、血管が圧迫されるため血流が悪化し、痩せにくい体質になります。今回は、産後ダイエットを成功させるために必要な、骨盤ガードルの選び方について解説します。

骨盤ガードルを着用し始める時期

産後約1カ月は子宮内にある悪露や子宮内膜の断片などが排出されます。この時期に骨盤ガードルを着用すると、これらの排出を妨げる恐れがあります。骨盤ガードルは悪露などの排出が落ち着く産後約1カ月~2カ月頃から着用し始めましょう。事前に医師からガードルの着用許可を得ることが大切です。

帝王切開による出産後は、傷口が治るまでは骨盤ガードルの着用を控えましょう。この場合も医師による着用許可が必要です。お腹を締め付けず、傷に刺激を与えないものを選びましょう。

快適に着用できる骨盤ガードルを選ぼう

締め付けるような骨盤ガードルは、血流の悪化による代謝の低下や冷え性などを招きます。さらに、臓器が下がり膣から出てしまう内臓下垂を引き起こす恐れもあります。着用したときに気持ちよく感じられるサイズのものが良いでしょう。

身体を温めて代謝を高める効果がある骨盤ガードルを選びましょう。骨盤矯正と温感の2つの効果で痩せやすい体質を作ることができます。しかし、骨盤ガードルは肌に直接身につけるため、温めるものは蒸れやすい傾向があります。肌荒れの原因になるので、蒸れにくい素材のものを選びましょう。

また、肌触りがよく、肌に刺激を与えにくい綿100%のものを推奨します。ナイロンやポリエステルなど化学繊維を使用したものは、比較的肌への刺激が強いため、肌荒れのリスクを高めます。一切の農薬や化学肥料を使用せず作られるオーガニックコットンのものであれば、肌への刺激をさらに抑えられるでしょう。

骨盤ガードルは活動中にのみ着用する

早く骨盤を引き締めたいと思い、就寝時も着用を続けると血流の悪化を招きます。また、ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血流の悪化や胃腸の不調を起こす恐れもあります。就寝時は骨盤ガードルを外しましょう。

<まとめ>
産後の開いた骨盤を正しい位置に戻すために、骨盤ガードルを着用しましょう。産後は身体の状態が回復していないため、1カ月間は回復を優先することが大切です。締め付けが強いものや化学繊維が使用されたものは避け、快適に着用できる骨盤ガードルを選びましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加