産後ダイエット

2016/09/28

帝王切開の場合に産後ダイエットをする際の骨盤矯正の方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

帝王切開の場合に産後ダイエットをする際の骨盤矯正の方法

妊娠が進むにつれて骨盤が開いていきます。これは出産方法を問わず起こるため、帝王切開で出産した場合も骨盤矯正が必要です。今回は、帝王切開で出産した場合に行う産後ダイエットの方法と骨盤矯正について解説します。

骨盤矯正をしないことによる影響

骨盤は放置しても自然に戻ります。しかし、正しい位置に戻らなければ血流が悪化し、代謝が低下する恐れがあります。他にも、生理痛の増大や慢性的な腰痛、むくみの悪化などを招く可能性があります。

骨盤矯正の方法として、骨盤矯正ベルトや下着、ガードルなどの着用や整体、体操などが挙げられます。これらはすべて帝王切開による傷が癒えてから行う必要があります。最低でも産後1カ月は安静にしましょう。整体や体操、ヨガなど身体への負担が大きい方法は産後2カ月からの開始を推奨します。

骨盤矯正ベルトやガードルの選び方

強く締めるタイプの骨盤矯正ベルトやガードルは、かえって血流を悪化させ、代謝の低下を招く恐れがあります。ワンサイズ大きく、アジャスターで調節できるものを選びましょう。骨盤矯正ベルトやガードルを着用したときに痛みを感じる場合は、完全に傷が治るまで待ちましょう。骨盤は少しずつ閉じていき、産後約6カ月頃には元の状態に戻ります。それまでは極力毎日着用しましょう。ただし、就寝時にまで着用すると血流の悪化や身体へのストレスを招くため、必ず外すことが大切です。

産後数日後から始められる体操

産褥体操は帝王切開による出産後でも行えます。ただし、産後約3日は歩くことさえ困難であるため、ある程度身体を自由に動かせるまで回復してから始めることが大切です。

(1)足を肩幅に開いて立つ。
(2)天井から糸で身体を吊られているイメージで腰だけを前方に突き出す。
(3)続いて腰を後方へ突き出す。これら一連の動作を5回繰り返し、同じように左右もそれぞれ5回ずつ行う。
(4)最後に腰を時計回りに1周、反時計回りに1周回す。

この産褥体操で骨盤周りの筋肉を鍛えることができます。筋肉を増やすことで代謝が高まります。勢いよく腰を動かすと大きな負担がかかるため、滑らかに動かすことが大切です。

<まとめ>
帝王切開での出産の場合に産後ダイエットを行うのであれば、まずは産褥体操から始めましょう。骨盤の周りの筋肉を鍛え、代謝を高められます。産後1カ月頃からは骨盤矯正ベルトやガードルを着用し、産後2カ月頃からは整体やヨガに通いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加