産後ダイエット

2016/09/28

産後ダイエットの際に運動はいつから始めればいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後ダイエットの際に運動はいつから始めればいい?

骨盤矯正で痩せやすい体質を作りつつ、運動でカロリーを消費させることで効率よくダイエットできます。ただし、運動は産後すぐには始められません。今回は、産後ダイエットでいつから運動を始められるのか、簡単な運動方法と併せて解説します。

産後約1カ月は安静にする

産後は出産により失われた体力を回復させるために、約1カ月は安静にしなければなりません。授乳中は1日に600~800kcalを消費するため、過食しない限り体重が増える心配はありません。体力が回復する時期には個人差があるため、1カ月健診のときに運動を始めてもよいか医師に確認することが大切です。

軽い運動から始めよう

最初は20分以内のウォーキングから始めましょう。ベビーカーを押しながらの短時間の散歩でも構いません。激しい運動をすると、授乳によるカロリーの消費と重なり、栄養不足に陥る恐れがあります。母乳の分泌量が低下する場合もあるため、無理のない程度に運動しましょう。1日1時間の運動を目標にして、少しずつ時間を延ばしましょう。体力的に長時間の運動が困難な場合は、朝と夕方の2回に分けて運動をすることを推奨します。

無酸素運動でもカロリーを消費できる

筋力トレーニングのような無酸素運動では、カロリーを消費させると同時に筋肉を鍛え、代謝量を高められます。次の方法では骨盤の歪みも矯正できます。

(1)足を肩幅に開き、つま先を外側に向けた状態で立つ。
(2)背筋を伸ばしたまま屈伸し、姿勢をキープした状態で息を吐きつつ太ももを内側に寄せる。
(3)息を吐いてから少しずつ元の態勢に戻る。

太ももの筋肉を緊張させたまま最後に3回呼吸すれば、より高い効果を得られます。膝に強い負荷がかかるため、膝が弱い場合は浅く屈伸しましょう。ウォーキングや散歩などよりも負担が大きいので、産後2カ月から始めることが大切です。

呼吸とストレッチにより身体の状態を整えるヨガは、身体への負担が比較的軽いため、産後1カ月から行えます。しかし、産後2カ月からでなければ入会できない教室もあるので、確認しておきましょう。

<まとめ>
体力の回復具合については個人差があるので、いつから運動を始められるのかはわかりません。多くの方は産後1カ月頃に体力が戻りますが、帝王切開をした場合は産後2カ月頃まで運動は避けた方がよいとも言われています。医師に相談して許可を得てから運動を始めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加