新商品

2016/09/26

家庭と学校の中間点 「学童保育」ができる虐待対策を学ぶ1冊

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

家庭と学校の中間点 「学童保育」ができる虐待対策を学ぶ1冊

学童指導員のためのマニュアル本

株式会社保育社は、学童保育指導員向けに児童虐待の対応を解説し、虐待を受けている子どもの早期発見を目指した本『学童保育版 児童虐待対応マニュアル』を発売すると発表しました。

虐待を受けている子どもにとって、「信頼できる大人」が存在することは大きな意味を持ちます。同社は、家庭と学校の中間地点である学童保育は児童虐待に関して重要な役割を担っているとし、同書にて指導員の理解や知識を深めることで、子どもたちのSOSをいち早く察知してほしいとしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加