妊娠後期と葉酸

妊娠後期に勧められる葉酸の摂取量

妊娠初期と同じく、妊娠後期も葉酸を摂った方がよいと言われています。しかし、妊娠初期と同じだけ摂る必要はありません。妊娠後期に勧められる葉酸の摂取量はどれくらいなのでしょうか。妊娠後期の葉酸摂取について詳しく解説いたします。

妊娠中に葉酸が必要な2つの理由

葉酸は一般に貧血を予防する効果がありますが、妊娠中の女性は次の2つの理由から、通常よりも多い量の葉酸が必要とされています

姙娠中の全ての期間を通じた、貧血の予防

「日本人の食事摂取基準」(2015年版・厚生労働省)によると葉酸には貧血を予防する効果があり、成人女性の1日の推奨摂取量です。妊娠中はこの量に1日当たり240μgを追加して摂取することが推奨されています。つまり、妊娠中の女性は1日あたり480μgの葉酸を摂取することが推奨されているのです。妊娠中は葉酸欠乏による大赤血球性貧血(巨赤芽球性貧血)を引き起こしやすいため、通常よりも多くの葉酸が必要とされるのです。

姙娠初期の葉酸摂取による、胎児のリスク低減

胎児の神経管が作られる姙娠初期は、葉酸の重要性がより高まります。この時期に葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させることができると言われています。厚生労働省によると、「食事からの摂取に加えて、サプリなどの栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させることができる」とされています。

妊娠初期と後期で葉酸はどれだけ必要なの?

上記をまとめると
・姙娠初期には、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、食事からの葉酸摂取に加えてサプリなど栄養補助食品から1日400μgの葉酸摂取が必要
・姙娠中期以降は、1日あたり400μgの葉酸摂取が必要
となります

葉酸の耐容上限量に注意

葉酸の摂取量を気にする方は、耐容上限量にも注意しましょう。水溶性のビタミンなので、摂りすぎても尿として排出されますが、あまりに摂りすぎるとトラブルを起こすことがあります。具体的に、過敏症を起こして蕁麻疹や発熱などを起こすことがあるのです。葉酸の耐容上限量は、医師から指導を受けている場合などを除くと、1日あたり1000μgです。通常の食事で耐用上限量を上回ることはほとんどありませんが、サプリメントを利用していると気づかない間に上回ることがあります。葉酸サプリメントを利用する方は、時々でよいので葉酸の摂取量を計算しましょう。

まとめ

妊娠後期に必要とされている葉酸の摂取量は1日当たり400μg(推奨量は480μg)です。妊娠後期に葉酸摂取を勧められる理由は、貧血を防ぎ赤ちゃんやママの健康を維持するためです。ただし、耐容上限量を超えて摂り続けると過敏症を起こす恐れがあります。サプリメントから葉酸を摂取していると、気づかない間に摂りすぎることがあります。サプリメントを利用する方は、摂取量に注意しましょう。


2016/10/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事