話題・時事ネタ

2016/09/29

たまひよ、企業と合同で子育てしやすい環境づくりを目指す取り組み

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

たまひよ、企業と合同で子育てしやすい環境づくりを目指す取り組み

未来のパパ・ママのためのプロジェクト

株式会社ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は「ママ tomo パパ tomo」プロジェクトのひとつとして「Over Million Challenge」と題し出産・子育てがしやすい社会のために何をすべきかをテーマにアイデアを募るコンテストを2015年から行っています。

「ママ tomo パパ tomo」プロジェクトとは「たまひよ」にて雑誌の他、アプリやWEBサイトを通じて、妊娠・育児における情報を幅広く提供。

2014年7月からはコンセプトに共感した参画企業5社(日本航空株式会社、日本郵便株式会社、パナソニック株式会社、パナホーム株式会社、三井不動産株式会社)とともに「ママ tomo パパ tomo」プロジェクトを実施。

同社はプロジェクト参画企業各社とコラボレーションし、育児に便利な商品・サービスの開発や各種イベントの開催等により子育てしやすい環境づくりを目指しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加