産後の生理

出産後の生理はいつから?出産前と変化する?

妊娠中は生理が止まっていますが、出産してしばらくするとまた生理が再開します。次の子どもを早く妊娠したいと考えている夫婦にとっては、特に生理の再開がいつなのか気になりますよね。今回は、出産後の生理の開始時期と妊娠前との変化について解説します。

出産後の生理がすぐに再開されないのはなぜ?

生理は妊娠すると止まりますが、出産したからといってすぐに再開されるわけではありません。これには、女性ホルモンの分泌と関わりがあります。

女性の体内ではエストロゲンとプロゲステロンという妊娠に関係するホルモンが分泌されており、出産後、これらのホルモンの分泌が再開されることで生理も再開されます。ただし、母体が母乳を作る必要のある間は、母乳を作るためのホルモンが盛んに分泌されており、エストロゲンやプロゲステロンといった妊娠に関わるホルモンの分泌は休憩している状態になります。そのため、出産後しばらくの間は生理が止まったままになるのです。

出産後の生理はいつ再開される?

では、出産後の生理はいつごろから再開されるのでしょうか。これには個人差がありますが、70~80%のお母さんは出産後8カ月以内に生理が再開されるといわれています。

また、出産後の生理の再開時期には授乳方法が大きく関わっています。これは先ほど解説したように、体が母乳を作る必要がある間は生理が再開されにくい傾向があるためです。授乳方法による生理の一般的な再開時期は、完全ミルクの場合は出産後2~3カ月、完全母乳の場合は出産後半年~1年、母乳とミルクの混合の場合はその間くらいとされています。

このように、多くの場合は1年以内に生理が再開されるということですが、これには個人差があるため、中には1~2年間生理が止まったままという場合もあります。長期間生理が来ないからといってそれほど心配する必要もなさそうですが、もし完全に母乳を絶ってから3カ月以上経過しても生理が再開されない場合は産院に相談してみるのも良いでしょう。

妊娠前と生理の量や生理痛が変化することもある?

ところで、出産後の生理は妊娠前と変化するものなのでしょうか。まず、生理の量ですが、これは妊娠・出産によって子宮内膜や子宮筋層に変化が起こることにより出血の量にも変化が見られることがあります。ただし、出血の量があまりにも多い場合や、血の塊が大量に出るときには子宮内膜症やホルモンの異常なども疑われるので婦人科を受診しましょう。

また、生理痛の重さにも変化が見られることがあります。一般的には妊娠する前よりも生理痛が軽くなることが多いのですが、出産による骨盤の開きによって生理痛が重くなることもあります。異常な痛みを感じる場合は、これも子宮内膜症の疑いがあるため、念のため婦人科を受診することをおすすめします。

出産後の生理の再開時期は授乳方法によっても大きく異なりますが、産後2カ月くらいから1年くらいが一般的であり、非常に個人差があります。また、生理が再開されたとき、生理の量や生理痛の重さが妊娠前と変化していることもあります。多少の変化は問題ありませんが、もし大量に出血する場合や痛みがひどい場合は婦人科を受診しましょう。


2016/09/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事