産後の骨盤

2016/09/30

産後太りを改善!骨盤の歪みを改善する骨盤矯正のススメ

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後太りを改善!骨盤の歪みを改善する骨盤矯正のススメ

産後に太ったり体型が崩れるのは、骨盤の歪みが影響しているかもしれません。ここでは、妊娠・出産に伴う骨盤の変化や、骨盤の歪みが引き起こす身体トラブル、骨盤矯正の主な方法について説明していきます。

産後の骨盤の歪みは身体トラブルの元

産後に体型が崩れやすくなるのは、骨盤の歪みが原因の可能性があります。妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されて骨盤を支えるじん帯をゆるめ、出産に備えて骨盤を開きやすくします。そして、出産時に骨盤の開きは最大化し、産後3?4カ月かけて少しずつ元の位置に戻ります。開いた骨盤は、生活習慣や筋力低下などの影響で歪んだまま閉じてしまうことがあります。そうすると、血流やリンパの流れが悪くなったり、内臓の位置がズレたりすることがあり、以下のような身体トラブルを引き起こしやすくなります。

・ 体型が崩れる
・ 体脂肪が落ちにくくなる
・ 冷えやすくなる
・ 疲れやすくなる
・ 肩こり
・ 腰痛
・ 尿もれ
・ 肌荒れ
・ 不妊

産後の骨盤の歪みは次の妊娠にも悪影響を与えかねないため、産後は適切なケアをすることをお勧めします。

無理のない範囲で骨盤矯正を取り入れよう

産後の骨盤の歪みを予防する方法はいくつかありますが、骨盤矯正もお勧めです。産後の母体のじん帯はしなやかで柔軟性があるため、骨盤矯正をしやすいタイミングと言われています。ただし、出産直後の母体はかなり消耗しているため、最低1カ月は待ちましょう。

骨盤矯正をするタイミングは、産後2カ月?6カ月が最も効果的です。産後6カ月を過ぎると骨盤が閉じて矯正しにくくなるため、体調をみながら骨盤が動きやすい時期を逃さずに行うことがポイントです。

産後の骨盤矯正は、整体やカイロプラクティックでプロの施術を受けると良いですが、育児に追われて通う余裕がない場合が多いでしょう。骨盤矯正は以下のようなセルフケアも一定の効果が期待できます。
・ 骨盤体操や骨盤スクワット
・ ヨガやピラティス
・ リフォームインナーや骨盤ベルト

骨盤を矯正する体操には色々な種類がありますが、以下の「骨盤まわし」は手軽で簡単です。
① 足を肩幅くらいに開いて立つ。
② 手を腰にあて、上半身と足を動かさないようにして右回りに10回まわす。
③ 同様に左に10回まわす。
左右10回ずつを1セットとし、1日に5?10セットを目安に行います。

<まとめ>
出産時に大きく開いた骨盤は、数カ月かけて少しずつ閉じていきます。この時、歪んだ状態で閉じてしまうとさまざまな身体トラブルが起こりやすくなるため、骨盤が動きやすい産後2カ月?6カ月の間に骨盤矯正を取り入れることをお勧めします。整体やカイロに通えない場合は、骨盤体操やヨガ、骨盤ベルトなどでセルフケアを実践しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加