冷え性

2016/09/30

秋は「めまい」が多い季節?

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

秋は「めまい」が多い季節?

「季節の変わり目は体調を崩しやすい」と昔から言われています。
猛暑の夏から急に涼しくなる秋にかけて、特に増える症状が「めまい」です。しかし一体それはどうしてなのでしょうか。
秋にめまいが重くなる原因や、その対処法をまとめてみましょう!

秋にめまいが増える原因は?

めまいの原因には、姿勢のバランスを保つ三半規管(さんはんきかん)や耳、脳、血圧などの異常によるものが挙げられます。
これらの異常は病院で検査することで原因を特定していくことが可能ですが、検査ではわからないのが「自律神経失調症」によるものです。
秋に出現するめまいの多くは、自律神経のバランスが崩れるために起こるもの。秋は、急激な気温や気圧の変化に加え、日内の気温差が大きいことから自律神経のバランスを乱しやすいのです。
また近年では「秋バテ」という言葉が生まれる程、様々な症状で苦しんでいる人が増えています。
これらの症状が現れる背景には、真夏の猛暑で最高気温が年々上がっていることや、冷房の使い過ぎにより体が冷えてしまっていることなどがあるようです。
また、めまいの他にも火照りや発汗、頭痛、疲れやすさ、精神面の不安定さなどの症状が重なっているときは、自律神経の障害を疑って間違いないでしょう。

自律神経の乱れからくる「めまい」対策は?

しっかり体を休めること、そして温めることが大切です。
季節は秋に変わっています。なのに夏のような生活を続けていませんか?
日中は気温が高い日も多いので、冷房を使ったり、薄着で過ごしたり、ついつい夏とじように過ごしてしまいがち。でも待ってくください、こうした「体の冷え」が自律神経のバランスを崩す1番の鍵なのです。
また、夏にこういった生活を続けていた人程、秋バテの症状が出やすいと言われています。
体を温めるためには、毎日の入浴をしっかり湯船に浸かるようにしましょう。肌の露出を避け、特に足首を温めると良いです。
めまいを感じたら、しっかり休息をとるようにしてください。季節の変化に体がついていけず自律神経のバランスが乱れてしまうのは、体からのサインです。ここで無理をしてしまうと、慢性的な自律神経失調症に発展してしまう恐れがあります。
適度な運動とバランスの良い食事、そして心地良い安眠が自律神経のバランスを整えます。
これらは、ひとつひとつが別々のものではなく、「体を動かすからお腹がすいて食事が摂れ、ぐっすり眠ることが出来る」というように全てが巡っていくものです。
気候の変化でバテてしまいがちな心身を上手に循環させてあげられるよう、意識を向けていれば改善していくことでしょう!
秋になると現れるめまい症状には他の病気の可能性もあります。
症状が改善しない場合は病院を受診してみてください。

<執筆者プロフィール>
松本 たお(まつもと・たお)
正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者。
精神科・産婦人科・助産院での臨床経験を持つ正看護師。
現在は育児に奮闘中の2児の母。

【関連記事】
その目の疲れ、「眼精疲労」かも
涼しくなったら「秋バテ」に備えましょう
突然の冷や汗、めまい… 貧血ではなく「低血糖」かも


  • このエントリーをはてなブックマークに追加