地域情報

2016/10/03

大分県で、社会福祉施設を利用した子供の預かりを行うモデル事業がスタート

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

大分県で、社会福祉施設を利用した子供の預かりを行うモデル事業がスタート

「子どもの居場所づくり事業」を社会福祉施設で実施

9月23日から大分県の中津総合ケアセンターいずみの園において、「子どもの居場所づくり事業」が開始されました。これは大分県が子育て支援施策として行っているモデル事業の一つで、夕方から夜の時間を一人で過ごすことになる小学生を対象に、社会福祉施設などにおいて夕食や学習支援を提供するというものです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加