副作用

2014/07/26

娘の咳を鎮めるため処方されたアトック。効果はありますが、副作用がひどく…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

娘の咳を鎮めるため処方されたアトック。効果はありますが、副作用がひどく…

病院を受診した際に処方された薬で、副作用が出たという人はいらっしゃいませんか?副作用の程度は薬の種類にもよりますし個人差があるものの、副作用の症状がひどく出た場合は、次回の服用をどうしよう?と迷ってしまう人がほとんどではないでしょうか。

薬で副作用がでたらどうすればいいのか、看護師さんのお話を聞いてみましょう。

ママからの相談:「娘に処方されたアトック。副作用がひどいのですが、効果はあるので内服を続けさせたいのですが…。」

4歳のお子さんが風邪を引いて咳がひどかったため、アトックという薬を処方されましたが、内服後に副作用が出てしまったようです。副作用は怖いのですが他に効く薬が見つからなかった場合、このままアトックを飲ませることはできるのでしょうか?というママからの相談です。

4歳の娘ですが、風邪を引いて咳がひどかった時、病院で処方されたアトックという薬を飲ませました。すると、娘の顔が真っ赤になって手が震え、娘を抱くと心臓がドキドキしていました。その事を医師に伝えると「アトックの副作用なので、今後咳が出てもアトックは飲ませないで治していきましょう」と言われました。

しかしアトックを飲ませないと、咳が治まらないので困っています。先生も「副作用が出るということは、それだけ薬がよく効いている」とおっしゃっていたので、副作用は辛そうですが、咳に苦しむ娘も可哀想で、私としてはアトックを飲ませて早く治してあげたい気持ちでいます。副作用に耐えて、薬を飲ませることはよくないのでしょうか?

成分は違っても同様の効果が期待できる薬はたくさんありますので、医師とよく相談を!

どんな薬にも副作用の可能性はありますが、お子さんの体質によって合うもの、合わないものがあります。効果があるからといって、副作用が強く出る薬を毎回飲ませるのは心配ですので、医師の判断を仰ぐのがよいでしょう。また、疑問があれば遠慮せずに医師に質問しましょう!

風邪などで気道が腫れて狭くなると、息が苦しくなりヒューヒュー言ったりします。アトックはその気道を拡げる作用があるお薬ですが、心臓も刺激しやすいので、動悸が出たり手の震えやかゆみといった過敏症状が副作用で出やすいようです。(看護師)
アトックの様に、気道を拡げる作用のある薬は他にもたくさんありますので、わざわざ副作用が強く出る薬を使う必要はないという医師の判断ではないかと考えられます。(呼吸器科看護師)
薬の効果があるからといって副作用が強く出るものを内服するよりも、安心して飲める薬を処方して貰った方が、お子さんもしんどくなくていいのではないでしょうか?(内科看護師)

咳がひどくて苦しんでいるお子さんを見るのは、とても辛いですよね。一刻も早く楽にしてあげたいと思うのは当然で、咳を鎮める効果が高いのであれば、少々副作用があっても飲ませた方がいいのでは?と思ってしまう気持ちもわからないことはありません。 しかし、アトックと同様の効果が期待できる薬は他にもあるようですので、お子さんに合う薬が見つかるまで、医師と相談しながらこのまま治療を続けてみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加