貧血

産後に貧血が再発?立ちくらみやめまいが続いてつらい

妊娠・出産は大仕事ですし、産後は日々の生活に24時間の育児が加わり、体力と精神力が必要です。産後に体調不良が再発し不安を訴えるママに対し、医師や臨床心理士さんはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

ママからの相談:「産後の貧血?立ちくらみやめまいが続く」

出産して4カ月が経ちました。妊娠後期に一度貧血になり、きちんと治して出産を迎えたのですが分娩時に出血が多く、また貧血になってしまいました。入院中に何とか回復はしたのですが、まだ立ちくらみとめまい、身体のだるさが消えまません。立ちくらみも以前よりひどくなり、回数も増えました。まだ回復しきれていないのでしょうか。時間が経てば解決するのか、それとも病院に行って診てもらった方がよいのか教えて下さい。(20代・女性)

立ちくらみやめまいの原因は貧血だけではない

立ちくらみやめまいの原因は、分娩時の出血や授乳による鉄分不足からくる貧血のほか、睡眠不足や慢性疲労、不安やストレスによるものも考えられます。

産後の健診で貧血の検査は受けましたか。血液検査の結果を見ないと、貧血とは断言できません。立ちくらみやめまいの原因は、育児による疲れや、睡眠不足、ホルモンバランスの変化で疲れやすくなっていることもあると思います。母乳栄養であれば、栄養不足や貧血も考えられます。(産婦人科医師)
分娩時の多量の出血による貧血が考えられます。さらに母乳育児を行っている場合は、赤ちゃんに優先的に鉄分が行ってしまうため、ママの鉄分が恒常的に不足し、貧血・めまい・立ちくらみになりやすいです。また夜間の頻回な授乳により睡眠不足が続くと、慢性疲労からめまいや立ちくらみを引き起こすことがあります。慣れない育児に対する不安やストレスは交感神経を刺激するため、自律神経のバランスが崩れることも考えられます。(臨床心理士)

バランスのとれた食事と十分な休養を、心配なら産院に相談を

食事ではミネラルやビタミンを多く摂るよう心がけましょう。疲れたら無理はせずに身体を休め、ストレスを溜めず、リラックスできるようにしてください。改善せず気になるようなら、病院で相談しましょう。

血液を作るために必要な鉄分・タンパク質・銅・マンガン・ビタミンB12・葉酸が多く摂る食生活を心掛けましょう。食事だけで必要な栄養素を摂れない時は、サプリメントを利用したり、病院で鉄剤を処方してもらうのも一つの方法です。身体を休め、リラックスに努めましょう。好きなことをする時間をとったり、時には周囲の人に頼ったりして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。(臨床心理士)
産後4カ月を経過すると、普段の家事に加え徐々に運動量を増やしてよいのですが、疲れたら横になって休み、無理をしないようにしてください。食事はミネラルや葉酸、ビタミンを中心にバランスのとれた食事を摂りましょう。水分は1500~2000mlを目安に、母乳の出を良くすると言われるタンポポ茶などノンカフェインのものを飲むようにしてください。体調が整ってくれば改善されると思いますが、気になるようなら出産した病院で相談しましょう。(産婦人科医師)

立ちくらみやめまいの原因は、分娩時の出血や授乳による鉄分不足からくる貧血、睡眠不足や慢性疲労、不安やストレスによるものだそうです。ミネラルやビタミンの多い食事と十分な休養をとって対策をし、気になるようなら受診することも一案です。


2016/10/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)