便秘

妊娠中の便秘を解消したい!効果的な食事とは?

以前は快便だったのに、妊娠してから便秘がちに。できれば便秘薬は使用せず自然なお通じを心がけたいと考える妊婦さんも多いようですね。便秘解消には何を食べればよいのか、看護師さんたちが教えてくれました。

便秘についての相談:「妊娠してから便秘がちに。よい食べ物があれば教えて!」

以前は快便でしたが、妊娠してから便秘気味です。つわりの間は、食べられる量が少量だったので便秘気味なのかと思っていましたが、食べる量が増えてからも便秘が続き困っています。医師からラキソベロンを処方されましたが、量の調節が難しくすっきり出せません。なるべく自然に排便したいのですが、お勧めの食べ物などがあれば教えてください。(30代・女性)

食物繊維と、腸内環境を整える乳製品なども

食物繊維は水溶性・不溶性の両方を食べ、お腹の調子を整える乳製品などもよいでしょう。また、身体が冷えると血行が悪くなり便秘が悪化するので、身体の中から温まる食材を積極的に食べるとよいようです。

便秘解消に効果のある食物繊維は水溶性と不溶性があり、両方バランスよく摂る必要があります。水溶性食物繊維は海藻類・こんにゃくなどに、不溶性食物繊維はサツマイモ・ゴボウなどの根菜類に含まれ、サツマイモを茹でて冷凍しておくと、いつでもおやつに食べることができて便利です。(産科看護師)
乳製品は腸内環境を整え、果物に含まれるオリゴ糖は便を柔らかくする作用があります。例えば、便秘によいとされるプルーンをヨーグルトに混ぜれば、乳酸菌もオリゴ糖も食物繊維も一度にとることができます。脂っこいものは消化が悪く便を硬くするので、控えてください。(産科看護師)
温かい食事で身体を冷やさないようにする事も、腸の動きを活発にするためには大切です。身体を温める生姜やニンニクを汁物に使うなどすると、消化吸収も良くなり妊娠中にはお勧めです。(内科看護師)

水分を積極的にとり、運動で腸の動きを助けよう!

妊娠すると、ホルモンの働きで腸の動きが鈍くなります。また水分不足にもなりやすいので、多めに水分をとり軽い運動などをすると、腸の動きが活発になって便秘解消にはよいでしょう。

妊娠すると、黄体ホルモンが分泌されて腸の動きを鈍くします。軽い運動や散歩をして腸の動きを活発にし、あと身体を冷やさないようにしましょう。また、場所や状況にもよりますが、便意を感じたら我慢しないことが大切です。我慢すると便が硬くなり、便秘の原因になります。(産科看護師)
妊娠中は羊水や赤ちゃんの血液を作るため、ママの身体は水分不足になりがちです。1日2Lを目安に、麦茶などのカフェインのない飲み物をとるようにしましょう。私のお勧めは食物繊維が手軽にとれるゴボウ茶で、利尿作用があるのでむくみにも効果的です。しかし、効きすぎて下痢になる方もいるため、飲みすぎには注意してください。(産科看護師)
便秘に繊維質は効果的ですが、妊娠中は多く摂り過ぎないようにしましょう。それよりも、カフェインの入っていない温かいお茶を飲むようにすれば、身体が温まって血行も良くなり便秘には効果的でしょう。(消化器科看護師)

妊娠中はホルモンの影響で、便秘になりやすい体質になってしまうのですね。身体を冷やさないように温かいものを食べ、腸の動きを助けるためには運動も大切だと教えていただきました。


2015/02/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)